コピーライティングの始め方|文章上達のコツとテクニックを教えます

Pocket

 

後藤です。

 

「今後ネットビジネスを取り組んでいきたい」

 

というあなたには、情報商材アフィリエイトをおすすめしていますが、ネットビジネスに取り組んでいる方の多くは、どんなジャンルであろうと基本的に情報発信をしています。

 

「ダイエット」をテーマにしていたり、「稼ぐ系」、「トレンド系」をテーマにしていても、全て情報発信には変わりありません。

 

この記事では、

 

  • これから情報発信をしていく方
  • 既に取り組んでいるけど上手く文章が書けない方

 

が情報発信をしていく上で、必要になってくる文章を「素人っぽく」見せないコツとテクニックをお話していきます。

 

コピーライティング力は情報発信をしていく上で必要なスキル

 

コピーライティングの画像

 

ネットビジネスで情報発信を始めるにあたって最初にぶつかる壁は、何を発信したらいいかわからない(キーワード選定)、オリジナリティ、そして記事の質です。

 

記事の質はコピーライティングを学べば、ある程度解決します。コピーライティングとは「文章を書くスキル」のことです。

 

「人間心理を深く理解して、言葉で読者の行動を変えること」などとも言われ、こちらは勉強すれば身につけられるようになります。

 

中には、コピーライティングというと

 

「特別なスキルやテクニックが必要なんでしょ?」

 

と思われがちですが、そんなことはありません。

 

コピーライティングの本質について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

【参考記事】

コピーライティングの本質とは?基礎から書き方まで徹底解説 

 

コピーライティングを学んで文章力を上げることができ、読者の求めている情報をレビュー記事に詰め込むことで、高い成約率を出すことができます。

 

成約率25%

成約率18%

成約率12%

通常、レターの成約率は、1~2%というのが多く、5%もいけばかなり高い方です。ターゲットの欲求を理解した記事を書くことができれば、これだけ高い成約率を出すこともできます。

 

私が、上記のように高い成約率を出すために学んだコピーライティングはこちらで学びました。

ネットビジネス大百科でコピーライティングは学べるのか?

 

コピーライティングを学べば売れやすい文章が書けるようになります。

 

しかし、コピーライティングを学んでいなくても「素人っぽい」記事に見せないコツとテクニックというのはあるので、これからコピーライティングを始める方でも文章を上手に見せるコツとテクニックを教えていきます。

 

文章上達のコツとテクニック

 

コピーライティングの画像2

 

あなたにとって

 

  • 上手いと思う文章
  • 素人っぽくない文章

 

とは、どんな文章ですか?

 

「上手い文章を書きたい」

「読むと引き込まれる文章を書けるようになりたい」

 

と思う方は沢山いますが、「自分には上手い文章が書けない」と思っている方は、お手本にしたいと思う文章を見つけれていないのです。

 

私は、どんな文章でも100点満点はないと思っています。評価する読み手の心理は様々ですし、どこに上手いと思うポイントをおくかで評価は変わると思います。なので、自分にとって上手いと思う文章が上手い文章なのです。

 

上手い文章を書く人の共通点

それを踏まえて、あなたは「この人、文章をまとめるの上手いな」や「この本はとても読みやすかった」と思ったことがありますか?

 

きっとあるはずです。上手いと思った文章を書く人って大体の方が活字が好きなので、沢山の本を読んで上手い文章に出会っています。出会っている数が多いので上手い文章が自分でも書けるのです。

 

あなたも上手いと思う文章に出会っているはずなので、上手い文章を読むことをどんどんしていきましょう。

 

よく「文章を上手く書く方法」として、”文章をとにかく書く”という抽象的な表現をされる方がいます。

 

もちろん、文章を上手く書く方法として、文章をとにかく書くことは間違いではないのですが、自分の言葉で書いた文章というのは、自分の経験から出た言葉です。

 

なので、それ以上のものは出てきませんよね?自分が上手いと思う文章をまだまだ読めていないので上手く書けないのです。

 

だからこそ”上手い文章に沢山触れて、どんどん吸収していきましょう”ということです。

 

読みやすいリズムを作る

上手い文章というのは、とても読みやすいです。文章のリズムはとても大切で、読んでいて「スラスラと一気に読める文章」もあれば、「何度も目が止まってしまう文章」もあります。

 

どちらが読みやすいかは一目瞭然です。

 

何が違うのかというと、読みやすい文章というのは、

 

  • 難しい言葉が使われていない
  • 長い文章ではなく、短い文章で構成されている
  • 「、」「。」が適度に打たれている
  • 改行が一定のリズムでされている
  • 行替え、字下げが上手く使われている

 

などが上げられます。

 

読みやすくするコツやテクニックを上げるときりがないのでここでは割愛しますが、上記のことを意識して文章を書いてください。スイスイと読める文章はリズムよく読むことができます。

 

そして、書いた文章を一度寝かせてください。

 

文章はある程度時間が経つと「ここはこうしたほうがいい」と自分でも客観的に見ることができます。

 

文章を書き上げたばかりだと、文章を書き上げた自分に満足している興奮した状態なので、冷静に文章を読み返すことができません。

 

なので、文章を一度寝かせることをおすすめします。

 

そうして文章を読み返して、添削を繰り返していくことで見違えるほど文章を書く力が上達します。

 

まとめ

 

普段文章を書かない人でも、

 

  • 文章上達のコツは、上手い人の文章をよく読むことで上手い文章を吸収すること
  • 文章上達のテクニックは、リズムが大事でスイスイ読める文章を書くこと
  • 文章を書き終わったら寝かせ、ある程度時間が経ってから読み返して添削すること

 

を意識して文章を書けば、「格段に上手い文章」を自分で書くことができます。

 

コピーライティングの本質はこちらで学んでください。

コピーライティングの本質とは?基礎から書き方まで徹底解説

 

私がコピーライティングを学んだ教材はこちらです。

ネットビジネス大百科でコピーライティングは学べるのか?

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に相談する

 

mail
こちらになんでも掲載できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です