httpをhttpsに変更する|エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順

Pocket

 

後藤です。

 

今回はエックスサーバーで独自SSLを導入する手順を紹介します。

 

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上で通信を暗号化する技術です。暗号化することにより、データの盗聴や改ざんを防止できるので、

 

  • 個人情報
  • クレジットカード情報
  • メールアドレス

 

などの大切な情報のデータを安全にやり取りできます。

 

これまでは、ネットショッピングなど個人情報を取り扱うサイトでは必須でしたが、今後は個人のブログなども「https」化が当たり前になるでしょう。

 

なぜなら、Googleも「HTTPSを検索順位を決定する際の判断指標に利用する」と公式に発表しているからです。

 

HTTPのサイトをHTTPSに切り替えると検索順位で有利になりますし、安全なサイトというアピールにもなりますので、私はブログを始める最初からSSL化することをおすすめします。

 

httpとhttpsの違い

 

httpsはhttpにSecure(セキュア)の「S」を追加したものです。(セキュアとは一般的に安全であるという意味)

 

httpsにすることにより、データのやり取りを安全な状態(暗号化)で通信してますよ、という意味があります。

 

逆に、通常のサイトはSSL化されていないので「http://」となっています。

 

SSL化されているサイトは「https://」となっており、「保護された通信」と表示されます。

 

このように、比べると違いがわかりますよね。

 

「鍵マーク」をクリックすると、このように感じで表示されます。

 

一方、SSL化してないhttpのサイトでは「iマーク」が表示され、これをクリックすると、

このように表示されます。

 

では、実際にSSL化する手順を説明していきます。

 

エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順

 

エックスサーバーでの独自SSL化を設定していきましょう。※SSL化するにあたってエックスサーバーは無料で出来ます。更新も自動で行ってくれるので簡単に設定できます。

 

独自SSL設定

まずは、エックスサーバーの「サーバーパネル」にサーバーIDとサーバーパスワードを入力してログインしましょう。

 

ログインしたら次に、「ドメイン」の部分の「SSL設定」をクリック。

 

SSL化するドメインの「選択する」をクリック。

 

開いたら、上のタブを「独自SSL設定の追加」に切り替えます。

 

www付きのURLになってますがこれでOKです。個人のブログなら「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れなくても大丈夫なので、このまま「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。※CSRとは、申請者の存在(所在地など)を署名し、SSL証明書として発行するものですが、取得対象は法人に限定されます。もちろん入力しても構わないので今後の為に先に入力しても大丈夫です。

 

以上で設定は完了です。以下の画面になるので、少し待ちます。

 

数秒で以下の画面になりますので「戻る」をクリック。

 

「SSLが設定が反映するまで、最大1時間程度かかります」とあります。反映されてから、「SSL設定の一覧」のタブを開くと以下のように、「SSL用アドレス」が表示されます。

 

こちらをクリックしてページが表示されれば完了です。

 

一般設定を変更します

次にWordPressの設定を変更します。

 

SSLの設定が反映されて、httpsのURLで自分のブログが表示されたら、WordPressにログインします。

 

ログインしましたら、「設定」の「一般」をクリック。

 

一般設定の中に「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の項目がありますので、この2箇所のURLのhttpをhttpsに変更します。※このURLを間違えるとログインできなくなるので注意してください。

 

変更できたら保存して完了です。

すると再度ログイン画面になりますので、改めてログインし、ブログを確認してください。問題なければOKです。

 

まとめ

 

今回はエックスサーバーで独自SSLを導入する手順を紹介しました。https化したことにより、検索順位で有利になり安全なサイトというアピールにもなりますので、私はSSL化をおすすめします。

 

こちらのSSL化はブログを始める最初から設定してください。

 

というのも、既に記事を書いている状態ですと、httpの時に掲載していた画像のURL、内部リンクのURLを全部修正する必要があるからです。

 

この修正が凄く面倒で、私は途中でhttps化したので、苦労しました。

 

なので、必ず最初から設定してください。

 

もし、既に記事を書いてしまっている方はこちらの記事を参考にしてください。

 

【参考記事】

httpをhttpsに変更した後にWordPressでする設定

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に相談する

 

mail
こちらになんでも掲載できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です