httpをhttpsに変更した後にWordPressでする設定

 

後藤です。

 

こちらの記事で独自SSLを導入する手順を説明しました。

 

httpをhttpsに変更する|エックスサーバーで無料の独自SSLを導入する手順

 

こちらの設定はブログを立ち上げた直後に設定するのがベストですが、既に記事を書いてブログを運営している方は別で以下を設定するので参考にしてください。

 

設定する項目は、

 

  • httpのURLをhttpsにリダイレクトする
  • Google AnalyticsとSearch Consoleを追加する
  • サイト内URL(リンク・画像)の変更
  • 301リダイレクト設定
  • SNSのリンク数引継ぎ

 

の以上を設定していきます。

 

なれない作業で大変ですが、こちらの記事を見ながら設定できるよう解説していますので、集中してやっていきましょう。

 

httpのURLをhttpsにリダイレクトする

 

htpsに設定しただけだとhttpでもサイトが表示できるので、これをhttpsに統一します。※リダイレクトとは指定したウェブページから自動的に他のウェブページに転送することです。httpにアクセスしてもhttpsに転送されるということです。

 

「エックスサーバー・インフォパネル」にログインして、「ファイルマネージャ」をクリック。

 

自分のドメインをクリックします。

 

次に、「public_html」をクリックします。

 

最後に「.htaccess」の横のチェックボックスにチェックを入れて「編集」をクリックします。

 

「ファイルの編集」画面でこちら、

 

<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

をコピーしていただき、コピーしたコードをファイルの先頭に貼り付けます。

背景が青い部分が追加したコードですね。

 

貼り付けたら「編集」をクリックで完了です。

httpからアクセスするとhttpsに飛ぶようになっています。

 

これでリダイレクトの設定は完了です。

 

Google Analyticsとサーチコンソールを追加する

 

サイトをhttps化したということは、あなたのサイトURLを変更したことと同じことなので、Google Analyticsにも設定していきます。

 

Google Analyticsとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

 

  • サイト訪問者の数
  • 1ページ当たりの訪問数
  • どこからやってきたのか

 

など、サイトへのアクセスに関するデータを詳しく分析することができます。

 

設定していきます。

 

Google Analyticsの設定

先ず、Google Analyticsにログインします。

 

左下の「管理」をクリックします。

 

「プロパティ設定」をクリック。

 

「デフォルトのURL」をクリックし、「https://」にチェックを入れます。

 

下までスクロールして「保存」をクリックします。「完了しました。」と表示されましたら完了です。

これで、Google Analyticsの設定は完了しました。ついでに、Search Consoleの設定もしていきましょう。

 

Search Consoleの登録と設定

Search Consoleとは、主にGoogle 検索結果でサイトのパフォーマンスを監視、管理ができる無料ツールです。

 

Search Consoleにサイトを登録する場合は、サイトの所有権を確認するのですが、WordPressの場合いくつか取得方法があります。こちらでは「Search Consoleで取得したメタタグをheader.phpに埋め込む方法」を解説していきます。

 

先ほどの、Google Analyticsの画面から「Search Consoleを調整」を選択し、

 

「追加」をクリックします。

 

「Search Consoleにサイトを追加」を選択します。

 

下記の表示が出るので、「OK」をクリックします。

 

「ウェブサイト」の横の入力欄に自分のホームページのURLが入力されているので、間違いないか確認して「プロパティを追加」をクリック。※空欄の場合はURLを自分で入力

 

「別の方法」のタブに切り替えて「HTMLタグ」を選択します。

 

赤枠で囲っているメタタグをコピーします。

 

Search Consoleのページを閉じずに、WordPress側の設定をしていきます。編集画面で「外観」→「テーマの編集」をクリックします。

 

右側に「テーマファイル」があるので、「header.php」を探して開きます。

 

開いた「header.php」のタグの中から「head~/head」のタグを探します。head~/headのタグの間にSearch Consoleで取得したメタタグを追加します。※head~/headのタグ内であればどこでもOKです。

 

私は下記のように</head>の前にメタタグを追加しました。追加したら「ファイルを更新」をクリック。

 

Search Consoleに戻り、「確認」をクリックします。

 

下記の画面が出れば登録は完了です。

この作業でホームページが本当に自分の物という証明が出来ました。

 

Search Consoleの初期設定や使い方などは、下記の参考記事で説明していきます。

 

【参考記事】

Search Console

 

サイト内URL(リンク・画像)の変更

 

https化したことにより、内部リンクなどは「http」のままなので変更しなければなりません。

 

私はホームページを途中でhttps化したので、かなりの内部リンクの置換作業を手作業で行いました。かなり時間がかかってしまいました。

 

そこで登場するのが、URLを置換してくれるこちらのプラグインです。

 

→プラグインの解説

 

こちらを使えば時間短縮になりますのでこちらを使うことをおすすめします。

 

301リダイレクト設定

 

httpsに変更する前にブックマークされていたり、SNSでリンクされている場合は、httpのままなのでアクセスできなくなってしまいます。

 

そのため、httpでアクセスされたURLを強制的に、任意のURLへ飛ばす方法が301リダイレクトです。サイトの引越しや、ドメインの変更時によく使われる方法です。

 

こちらもプラグインを使って設定していきますね。

 

Simple 301 Redirectsでhttps化したURLにページを飛ばす方法

 

SNSのリンク数引継ぎ

 

ホームページをhttps化することで、SNSボタンのシェア数がリセットされてしまいます。

 

しかし、こちらもプラグインを使うことで解決できます。作業としても簡単なのでこちらで説明していきますね。

 

SNS Count Cacheを使いhttps化でリセットされたカウント数を復活させる

 

まとめ

 

記事数が多ければ多いほど、https化した後の設定が面倒になりますので、これからホームページを開設するなら最初から設定してしまいましょう。

 

初期設定してしまえば、基本このページに書いてあることは必要ないので「こんな設定やプラグインもあるんだ」程度で、頭の片隅に入れておきましょう。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に相談する

 

自分ライフ
こちらになんでも掲載できます

もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。(下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です