Simple 301 Redirectsでhttps化したURLにページを飛ばす方法

Simple 301 Redirectsでhttps化したURLにページを飛ばす方法

 

後藤です。

 

サイトをhttps化した後、以前の「httpのままのURL」にアクセスすると、

 

404イメージ画像

 

このように「アクセスしようとしたページは見つかりませんでした。」と表示されます。

 

なので、httpsに変更する前に読者の方にブックマークされていたり、SNSでリンクされている場合は、「URLがhttpのまま」なのでアクセスできません。

 

そのため、httpでアクセスされたURLを強制的に任意(httpsなど)のURLへ飛ばす必要があります。

 

この場合、「Simple 301 Redirects」(301リダイレクト)というプラグインを導入すれば、任意のURLへ飛ばすことが可能です。

 

簡単に設定できるので解説していきます。

 

Simple 301 Redirects(301リダイレクト)の導入方法

 

先ず、ワードプレスの管理画面の、

 

 

「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

 


 

 

「Simple 301 Redirects」と検索します。「今すぐインストール」をクリックします。

 


 

 

インストールしたら「有効化」をクリックします。

 


 

 

ワードプレスの管理画面の「設定」から「301 Redirects」という項目が追加されているのでクリックします。

 


 

 

移行元URL(http)→移行先URL(https)を入力して「変更を保存」で完了です。

 

設定としてはこれで終わりです。

 

まとめ

 

このプラグイン「Simple 301 Redirects」は、移行元のURLから強制的に任意のURLへ飛ばすことができますので、サイトの引越しやドメインの変更時によく利用される方法です。

 

https化した後に、301リダイレクト設定をしておけばhttp時の集客を取りこぼすことがないので設定をしていきましょう。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に相談する

 

自分ライフ
こちらになんでも掲載できます

もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。(下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です