SEO対策とは?基本から実践方法など全てを1記事にまとめました

目次

Pocket

 

後藤です。

 

アフィリエイトに興味があったり、ブログを運営したいと思っている人なら、「SEO」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

 

「検索結果で上位表示させること」

 

と頭では分かっていても、具体的に何をしたらいいのかわからない、という声をよく聞きます。

 

また、SEOで検索すると膨大な量の情報が出てくるので、結局何をしたらいいのかわからなくなっている人もいるでしょう。

 

しかし、ブログやサイトを運営していく上でSEOは避けて通ることはできませんし、避けていては自分のサイトが上位表示されることはありません。

 

上位表示されないと、収益が出るほどのまとまったアクセスも集まらないですし、そもそも読者も集まらないでしょう。

 

SEO対策をしっかり意識してブログやサイトを運営していくことで、記事が上位表示されることは可能です。

 

SEO参考画像

 

SEO参考画像

 

このように、私のブログでもいくつかの記事が検索1位で表示されたり、検索1ページ目で表示されます。

 

画像で紹介した記事以外にも、検索1位の記事や1ページ目で表示されている記事は多数ありますが、SEOを意識しているので当たり前といえば当たり前ですし、SEO対策をしていれば当然の結果です。

 

このページではSEOに基本的な知識や内容、重要性、また実際に取り組むべき施策について、初心者にもわかりやすく解説していきます。

 

なので、SEOについて何も知らなくても必要な情報が全てこのページにまとめてますし、実践することで上位表示もされやすくなりますので、ぜひ参考にしてください。

 

SEO対策(検索エンジン最適化)の意味とは?

 

SEOイメージ画像

 

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の頭文字を取ったものです。

 

優良な被リンクを集めたり(外部施策)、ユーザーに価値あるコンテンツを提供したりして、検索結果の上位に表示されるために行う一連の施策のことを言います。

 

現状では、「検索結果ページの上の方に表示すること=SEO」という認識が浸透しているため、SEO対策と言われますが、正確には、上位に表示されるように改善していく施策や取り組み自体をSEOと呼ぶのです。

 

そもそも、SEOの中に「最適化」とあるのに“対策”と付くのはおかしいですよね。

 

まあそれは置いておいて、この上位表示される基準はどうやって決まるのでしょうか?

 

まずは、SEOに取り組む前に、検索エンジンの仕組みについて理解していきましょう。

 

【SEO】検索エンジンの仕組みとは?

 

SEOイメージ画像2

 

SEOを実践する上で欠かせないのが、検索エンジンの仕組みを理解することです。

 

日本における検索エンジンの使用率は、ほとんどがGoogleかyahooが占めています。

検索エンジンの使用率

 

1. Google   67%

2. yahoo     29%

3. その他  4%

とほとんどがGoogleです。

 

しかも、yahooはGoogleの検索技術を利用しているため、ほぼ同じ。

 

ということは、検索順位を決定づける仕組みもGoogleにあるため、SEO対策=Google対策とも言われています。

 

ただし、yahooはあくまでもGoogleの検索技術を利用しているだけであって、検索結果が全て同じになるというわけではありません。

 

では、Googleはどうやって検索順位を決めているのでしょうか?

 

まず、Googleには、クローラーと呼ばれる自動プログラムがあり、収集した情報を検索結果として検索者に表示しています。

 

そして、クローラーは無数にあるWEBサイトを日々巡回し、そのデータやキーワードを集めてデータベースに保存しており、私やあなたがインターネットで検索した結果、表示される記事やブログというのは全てこのクローラーにチェックされた記事とブログだけなのです。

 

また、検索結果の上位に表示されるには、クローラーから高い評価を受けなければいけません。

 

例えば、質の高い記事を書いていても記事数が少ないと、Googleのクローラーにチェックされないので、インターネット上の検索結果に表示されないのです。

 

というのも、クローラーは新しいブログをあまり好みません。

 

なぜなら、新しいブログを立ち上げると、Googleのクローラーからは意図的に検索から外されたりするからです。

 

なので、クローラーはブログが長く運営されていて、コンテンツ価値のあるブログを好み、Googleは様々なアルゴリズム(問題を解決するための方法や手順のこと)を用いて良いサイト、低品質なサイトを見分けています。

 

コンテンツ価値が高く長く運営されているブログは、Googleから評価が高くなり上位表示されやすくなります。

 

しかし、ひと昔前のGoogleは、かなり機械的に検索順位を決めていました。

 

というのも、以前スパムまがいの手口で無理やり上位表示をさせる「ブラックハットSEO」という手法が流行った時期があります。

 

このブラックハットSEOという手法は、現在では通用しませんし、今やるとGoogleからペナルティを受けて検索圏外に飛ばされるので「こんなものもあったんだ」と知識程度に覚えておきましょう。

 

現在は通用しないブラックハットSEOとは?

ひと昔前のGoogleは、かなり機械的に検索順位を決めていたので、

 

  • 記事にボリュームがある
  • キーワードが多数使われている
  • 被リンク(他のサイトからもらうリンクのこと)を多数もらっている

 

この条件を満たしていれば、機械的に上位表示していました。

 

手口としては、記事にボリュームを持たせるために「あいうえおかきくけこさし・・・」白文字で文章を適当に書くことで記事にボリュームを持たせていたのです。

 

上の「 」の中はドラッグすると白文字で文章が書いてあるのがわかります。

 

昔はこのような手口でもGoogleの検索エンジンは、記事にボリュームがあると錯覚していたわけです。

 

さらに、この手口をキーワードで行うという方法もありました。

 

例えば、ネットビジネスの記事なら、「ネットビジネスネットビジネス・・・」と、延々とネットビジネスを繰り返し、文字色を背景色と同じ色に変更して隠します。

 

そうすることでGoogleは、「ネットビジネスというキーワードがこれだけ出ているのだから、ネットビジネスについて詳しく書いている」と錯覚していたのです。

 

もちろん、今はこんな手口は通用しません。

 

そして、「被リンクを多数もらっている」ですが、なぜ被リンクが多いと上位表示されるのでしょうか?

 

それは、被リンクが多いということは、それだけ色々なサイトから参考にされている、価値のあるサイトと判断できるからです。

 

これは、今でも有効なSEOでもあるのですが、問題なのはダミーサイトを複数作り、被リンクを強引に増やす方法のこと。

 

過去には、そういう強引な被リンクを請け負う業者もありました。

 

これも、ひと昔のGoogleは「被リンクを沢山もらっているから価値のあるサイト」と、錯覚していたのです。

 

もちろん、今のGoogleには通用せず、ダミーサイトを作り被リンクを増やしたところで、ペナルティを受けて検索圏外に飛ばされるので辞めておきましょう。

 

ちなみに、ブラックハットSEOに対して真面目に良質なコンテンツを増やしてSEOすることを「ホワイトハットSEO」といいます。

 

今のGoogleには、ホワイトハットSEOしか通用しませんので、この記事を読んでSEOの知識をしっかり身につけていきましょう。

 

では、どういった記事やブログがコンテンツ価値があり、ホワイトハットSEOなのか?こちらは、あとで詳しく解説していきますね。

 

SEOの真の目的とは?メリットやデメリットについて解説します

 

SEOイメージ画像3

 

SEO対策をして検索結果で上位表示されることで、WEBサイトに訪れるユーザーが多くなる為、成果に繋がりやすい傾向にあります。

 

ここでは、

 

  • SEOの真の目的
  • SEOのメリット
  • SEOのデメリット

 

をそれぞれ知っていくことで、より深くSEOについて学べるので解説していきますね。

 

SEOの真の目的とは?

実は、SEOの真の目的はWEBをページを上位表示させることだけではありません。

 

なぜかというと、検索上位に表示させることは、WEB集客のための一つに過ぎないからです。

 

最終的には、WEBサイトの最終目標となるコンバージョン(最終的な成果)の達成に繋がることで初めてSEOが成功していると言えます。

 

そのため、検索したユーザーがどのような目的でサイトを閲覧しているのかを読み取り、ユーザーニーズを満たすコンテンツの作成や、目的ページへの誘導、わかりやすいナビゲーション配置をすることで更に価値あるコンテンツを提供できるようになります。

 

SEOのメリット

では、SEOのメリットを解説していきます。

 

上位表示されることで、アクセスが増えるのはもちろんですが、他にも

 

  • 広告費をかけずともアクセスが集めれるので、コストが抑えられる
  • 検索で上位表示されるので、中長期的に安定した集客が集めれる
  • コンバージョン率が高いユーザーの流入が得られる
  • 上位表示されることにより、より高いブランディング効果を得られる

 

他にもありますが、やはりアクセスが増えることが一番のメリットではないでしょうか?

 

次にデメリットを解説していきます。

 

SEOのデメリット

デメリットはSEOのデメリットというより、成果が出るまでのデメリットがあげられます。

 

例えば、

 

  • SEO対策を行っても、効果が出るまでに時間がかかるので即効性に欠ける
  • キーワードによっては、上位表示の難易度が高く、非常に難しい場合がある
  • 検索エンジン側のアップデートやアルゴリズム変更により順位が左右されることがある
  • 1ページに対し1テーマが基本なので、緻密に行う場合はコンテンツ作成などに人的コストがかかる

 

SEOそのもののデメリットというより、上位表示されるまでに到達する為の、時間的コストや人的コストがデメリット。

 

サイトを上位表示させるまでの過程が、時間がかかるなどのデメリットがあるだけで基本的にメリットしかありません。

 

次に、先ほど挙げたSEOのメリットについて、もう少し具体的に解説していきますね。

 

SEOの重要性〜ほとんどメリットしかない〜

 

SEOイメージ画像4

 

WEBマーケティングにおいて、SEOがなぜ重要なのか?いくつか紹介していきます。

 

SEOの重要性その1:サイトの集客を増やせる

メリットでも挙げていますが、企業サイトなどや種別問わず、サイトに来るアクセスの50%が検索エンジンからの流入というデータがあります。

 

アクセスには、検索エンジン以外にも

 

  • メールマガジン
  • SNS
  • リピーターのブックマーク

 

など様々な流入経路がありますが、その中でも「検索エンジン」が断トツの割合を占めているので、集客を増やすためにSEOに注力する必要があるのです。

 

SEOの重要性その2:検索した人の80%は自然検索をクリックする

検索結果画面は下記の画像のように、リスティング広告の部分と自然検索結果と呼ばれる部分に別れます。

 

リスティング広告参考画像

 

そして、実に検索した人の80%がリスティング広告ではなく、自然検索結果の方に表示されたサイトをクリックするので、自然検索結果の中に表示されることによって多くの人に見てもらいやすくなるのです。

 

SEOの重要性その3:検索でランキング上位のページほどクリック率(CTR)は上がる

下記のデータは、検索順位別にクリック率(CTR)を表したデータです。

 

クリック率参考画像

 

この結果から、1〜3位までの検索結果をクリックしている割合が40%あります。

 

その一方、例え検索結果で1ページ目に表示されていても、8位以降のCTRは1%台なので、やはり検索1位を目指すつもりでSEO対策するのがベストです。

 

SEOの重要性その4:コンテンツが資産価値を生む

SEOに取り組んで行けば、サイト自体にコンテンツが蓄積するので、検索エンジンから評価されやすくなります。

 

そして、一度検索結果の上位表示されるようになると、そこから下がることは、ほとんどありません。

 

上位に表示されることが、サイトやブログそのものの強みになります。

 

例え、上位表示されるまでに時間がかかったとしても、サイトに蓄積されたコンテンツはやがて、資産型価値となりお金を生むのです。

 

SEOの重要性その5:上位表示されることによりブランディングや差別化の向上

ブランディングと聞くと、多くの方は「ブランド」という言葉を思い浮かべ、高級感や希少性などと感じますが実はそうではなくて、簡単にいうと「共通のイメージをユーザーに持たせる手法の総称」のことです。

 

ちなみに、ブランドの起源は自分の家畜と他所の家畜を焼印などで区別するためにできたものと言われています。

 

また、ブランディングには他にも

 

  • 真っ先にイメージされるもの
  • 顧客との信頼関係の構築
  • ブランドイメージを徐々に作りだす

 

などの要素も含まれているので、他のサイトと差別化しやすいです。

 

例えば、富士山は日本一高い山ですが、あなたは二番目に高い山をご存知ですか?

 

数あるサイトの中で真っ先にイメージされることで、差別化もできブランディングも向上します。

 

SEOの重要性その6:インターネットでの情報収集に対応するため

現在では、欲しい商品の情報をインターネットで収集することが当たり前の時代になりました。

 

実際に、70%近くの人がインターネット検索によって情報を入手しているそうです。

 

だからこそ、SEOに取り組んでいき「多くの人が検索エンジンを使って商品を検索し、情報収集できるサイトを構築していく」ことが重要となっています。

 

SEOの重要性がわかったので、次は上位表示される為に必要なコンテンツ価値について解説していきますね。

 

上位表示されるSEO対策とは?コンテンツの質が高いほど評価される

 

SEOイメージ画像5

 

SEOの目的、メリットデメリットがわかったところで、どのようなコンテンツをGoogleは「ユーザーに役立つコンテンツ」と認識し、検索順位を決めているのでしょうか?

 

実は、Googleはサイトの評価指標を明らかにしていません。

 

しかし、「このようなサイトが高く評価されやすい」という傾向があるのが次の3つとされています。

 

  1. キーワード設定
  2. ドメインパワー
  3. ユーザー体験

 

SEOで重要なキーワード設定

まず、SEOにおいて重要なのが、キーワードの設定です。

 

Googleは読者に良質なコンテンツを提供するために、検索意図にベストなコンテンツを上位表示してくれます。

 

なので、検索意図とマッチングしているかの判断材料がキーワードなのです。

 

タイトルはもちろん、見出しや記事内にもキーワードを含ませて深く解説するのがベスト。

 

というのも、例えばタイトルに「ダイエット」と書いているのに、ブログの内容が「新作ゲームをプレイした内容」だったら嫌ですよね?

 

「検索して調べているのに、全然知りたい情報が表示されない」

 

となってしまえば、Googleの価値も下がるのでタイトルと内容が一致していない記事は上位表示されません。

 

なので、ダイエットというキーワードを狙うのであれば、ダイエットで悩んでいる人(ターゲットユーザー)の悩みを整理して、それを記事内で解決してあげることが大切なのです。

 

SEOで重要なドメインパワー

SEOでは、「ドメインパワー」も重要と言われていますが、ドメインパワーとは一体なんでしょうか?

 

厳密にいうとSEOにおいてドメインパワーという指標はありませんが、一般的に「サイトの力」のことをわかりやすく表現するために使われたりもします。

 

ドメインパワーを高める条件として、

 

  • 運営歴が3ヶ月以上
  • アクセス数を集める
  • 質の高い被リンクが集まっている

 

以上の要素を兼ね備えているメディアは、ドメインパワーが強いので、競合サイトよりも上位表示しやすい傾向があるということですね。

 

なら、ドメインをひたすら強化すれば検索順位で1位を取れるのか?と言えば決してそうではありませんが、順位を決定づける要素の1つではあります。

 

なので、検索エンジンの順位は、先ほど解説した「キーワード設定」と「ドメインパワー」そして「ユーザー体験」などの要素を総合評価した上で、他サイトとの相違的な評価で決まるということです。

 

SEOで重要なユーザー体験

ユーザー体験を簡単に言うと、「このサイトは、ユーザーに役立つコンテンツか?」と言うもので、満足度が高いほど上位表示がされやすいです。

 

例えば、

 

  • 検索意図にマッチしたコンテンツであるか?
  • コンテンツは読みやすいか?
  • 悩みが解決できる、満足度の高いコンテンツ
  • 表示速度が速いコンテンツ

 

などが挙げられます。

 

検索にマッチしていたり、読みやすいコンテンツの方が、検索したユーザーの理解は深まり、悩みは解決されますよね?

 

また、Googleはユーザーの滞在時間などは検索ランキングには直接影響しないと言っていますが、アルゴリズムの改良や検索結果の品質を上げるために、今後影響する可能性もあります。

 

なので、注力することは「本当にユーザーに役立つコンテンツ作りをしているか?」が今後のSEOにおいても重要だということです。

 

私は、記事を書く時、もちろん上位表示を狙っていますが、まず2語キーワードやスモールキーワードで1位を狙えるようSEOを意識して記事を書いています。(2語キーワードやスモールキーワードについては次の章で詳しく解説します。)

 

では、実際検索1位を狙うサイトを作っていきましょう。

 

SEOを意識して検索順位1位のサイトを作る

 

SEOイメージ画像6

 

実際に、SEOを意識して上位表示されて、集客が増えることによりコンバージョンを達成させるにはどうすればいいのでしょうか?

 

「SEOの重要性がわかって、知識もついたけど結局何をすればいいの?」

 

と何をすればいいかわからず、記事を書いていたら、書いても書いてもなかなか上位表示されません。

 

ここでは、上位表示できるサイトの作り方について説明していきます。

 

実際、私は今から解説することを実践し、検索1位であったり、上位表示させれているので、ぜひ参考にしていただけたらと。

 

上位表示できるサイトを作るポイントとしては、以下のものがあります。

1.全体の流れを考え、サイト設計する

2.キーワードリサーチをし、キーワード設定をする

3.競合調査、競合分析

4.読みやすい記事を作成を意識する

5.内部対策を構築する

6.外部からの被リンク対策を構築する

7.機能的価値を意識する

8.感情的価値を意識する

こちらを順に解説していきます。

 

全て、意識して質の高いコンテンツを量産していけば、上位表示も可能です。

 

SEOを意識してサイト設計を考える、全体の流れを考える

まず、サイトを作る前に、しっかりと設計図を考えていきましょう。

 

その前に、「何のためにSEOをするのか?」目標を、明確にする必要があります。

 

SEOに取り組むことによって最終的に達成したいことは何でしょうか?達成したい目標は人それぞれだと思いますが、私の場合は

 

「このブログを読むことによって人生を劇的に変えるきっかけ」

 

になったり、

 

「0から人生を変えるためのブログ」

 

と読んだ人の、思考の転換や“いい影響”を与えれたらと思っています。

 

他にも色々な思いを込めていますが、かなり抽象度を大きくしていうとこのようになり、私のブログが上位表示されることによって色々な方の目に止まって「人生の選択の自由」や「人生を変えるきっかけは自分で作れる」など意識して、行動してもらえたらと。

 

私がメッセージを発信して、それをきっかけに読んだ人の人生にプラスになればと思っています。

 

因みに、他の人のSEOに取り組んで達成したい目標は、

 

  • 検索結果のランキング改善
  • 見込み客の獲得
  • 自分のサイトを上位表示されたい

 

などが多いともいますが、その結果が出た時のさらにその先がないので目標としては弱いです。

 

なので、最終的な大きな目標を決めるといいと思います。

 

例えば、大学受験を控えている高校生がいるとして、

 

「大学受験に合格したい!」

「とりあえず大学に行きたい!」

 

などの目標だけでは、目標として弱いですよね?

 

「将来、世界中と飛び回って仕事したいから語学を学ぶのに、良い環境が整っているA大学に入りたい!」

「大学を卒業したら、医者になって難病で困っている人を助けたいから、研究が盛んなB大学に受かりたい!」

 

など、ここまで明確な目標があって勉強に取り組む方が成果も出やすいし、大学受験に合格してからも充実した大学生活を送れます。

 

これは、サイトを作るのも同じで、設計図を考えることにより、ユーザーの為にどのようなコンテンツを用意する必要があるのかをサイトを作る前に考えるということです。

 

例えば、「ダイエットをして輝かしい人生を送る」という最終目標のサイトを作りたいとします。

 

そうすると、

 

  • ダイエットすることによって手に入る未来
  • 太っていることのデメリット・病気の恐れ
  • どんな方法でダイエットするか?(運動・食事制限・サプリなど)

 

などのカテゴリを作り、それに属する記事をたくさん作らないといけないことがわかるはずです。

 

サイトを作る前に、しっかりと構想し、紙に書いたりすることで必要なコンテンツがわかります。

 

サイト設計をするメリットは以下の通り。

 

  1. 準備すべきコンテンツがわかる
  2. サイト完成時期の見通しが立つ
  3. 不要なコンテンツを作成しなくなる
  4. やるべき事がわかっているので作成スケジュールを組みやすい
  5. ユーザーが求めているコンテンツの漏れが少ない

 

サイト設計をしておくとサイトを作る為の見通しが立ちますし、不要なコンテンツを作る事がなくなるので時間の短縮にもなります。

 

また、不要なコンテンツを作らないのでサイト自体がブレる事がなく、一本筋の通ったものを作成できる。

 

なお、用意するコンテンツは

 

  • 集客記事:検索エンジンから読者を集める記事
  • 教育記事:知識や新しい価値観を共有する記事
  • 販売記事:商品を販売する記事

 

この3つを用意していきましょう。

 

それぞれの記事については別の記事で詳しく解説していきます。

 

もちろん、ホワイトハットSEOで展開していくので、まずはアクセス数と被リンクを集めることが大切です。

 

まず、サイトのドメインパワーを強くする為に、競合が少ないキーワードやニッチなキーワードを狙っていきましょう。

 

なぜかというと、検索ボリュームが少ないキーワードでも、上位表示されれば確実にアクセスが流れてきますので、サイトのドメインパワーは少しずつ強くなってきます。

 

アクセス数に関しては、こちらの記事を参考にしていただけたらと思います。

 

【参考記事】

PV(ページビュー)とUU(ユニークアクセス)の違いをわかりやすく解説します

 

SEOを意識してキーワードリサーチをしてキーワード選定をする

記事を書く際にはキーワード選定がとにかく大事です。

 

SEOを意識してキーワードをリサーチし、キーワード選定しないと中々上位表示されません。

 

また、Googleはキーワードによって記事を認識し、ユーザーの検索にマッチしたものかを判別しているので、記事においてのキーワード選定はとても重要なのです。

 

キーワード選定のポイントとしては、

 

  1. 狙っているキーワードをタイトルに含ませる
  2. 見出しにもキーワードを含ませる
  3. タイトルと内容の整合性を持たせる
  4. 記事内にも共起語やキーワードを含める

 

例えば、「SEO 対策」というキーワードで上位表示を狙うなら、「SEO 対策」をタイトルや見出しに含めつつ、タイトルに合った記事内容に仕上げるということです。

 

そのうえで、狙ったキーワードの関連キーワード(共起語)も含めて自然に仕上げるとより網羅的な記事だとGoogleも判断し、良質なコンテンツと認識してもらえるので、上位表示されやすくなります。

 

そして、キーワード設定ですが、ユーザーの検索するキーワードでキーワード選定しなければいけません。

 

当たり前といえば、当たり前なんですが・・・

 

例えば、どんなにSEOのことを詳しく書いてある記事でも、タイトルが

 

「あなたのブログにアクセスを集める秘密の方法」

 

では、GoogleはSEOを主題に書いているかはわかりませんよね?

 

まず、タイトルには狙っているキーワートを必ず入れましょう。

 

そして、ここからが肝心なんですが、記事タイトルに狙っているキーワードを入れて満足する人が多いです。

 

というのも、SEOには見出しに使われる語句も大きな影響を与えます。

 

例えば、まだ執筆中のこの記事ですが、

 

SEOタイトル画像

 

見出しに全て「SEO」と入れていますよね。

 

こうすることで、Googleは「SEO」のことを凄く詳しく書いているなと判断します。

 

実際にこの記事は、ブラックハットSEOなんか一切頼らず、きちんとした文章でSEOについて解説していますからね。

 

しかし、「SEO」について詳しく解説しても、いきなり上位表示されるのは難しいでしょう。

 

というのも、「SEO」と検索すると

 

SEO検索イメージ画像

 

画像のように、検索数が約133,000,000件ヒットしているからです。

 

これは、SEOについての記事が1億3,300万件あり、検索回数が多いメジャーなキーワードとなっています。

 

このように、検索回数が多いメジャーなキーワードのことを「ビックキーワード」といい、単独で使われることが多いです。

 

ビックキーワードで上位表示されれば、日々のアクセス数は劇的に増えますが、上位表示を狙うにはライバルが多く時間がかかる。

 

なので、最初は検索回数の少ないニッチなキーワードやいくつかの単語を組み合わせた複合キーワード記事を書いていき、上位表示を狙っていきます。

 

ビックキーワードとは違い、検索回数の少ないニッチなキーワードやいくつかの単語を組み合わせた複合キーワードのことを「スモールキーワード」と言う。

 

ブログを立ち上げたばかりのブログはキーワード+関連キーワードなどの2語キーワード、3語キーワードであったり、ニッチな複合キーワードで記事を書いていくことがおすすめ。

 

 

 

2語キーワードとは「SEO 対策」、「SEO とは」など、2つの単語で検索されるキーワードで上位表示を狙うことです。

 

3語キーワードイメージ画像

 

ちなみに、3語キーワードだと「SEO    とは 初心者」などになります。

 

先ほどの、「SEO」のみの検索に比べてかなり記事数は少なくなりました。それでも、検索数はまだまだ多いですが・・・。

 

もちろん、ビックキーワードで自分の書いた記事が上位表示されれば、検索回数も増え日々のアクセス数も増えるでしょう。

 

しかし、先ほども言ったように、ビックキーワードはライバルが多いので、まずは競合が少ないキーワードやニッチなキーワードを狙っていき、サイトのドメインパワーを強くしていきます。

 

そうすることで徐々にドメインが強くなり、後々ビックキーワードでも上位表示を狙えるでしょう。

 

このように、キーワード選定がとにかく大事になってきますが、なら、どんなキーワードが検索されているか気になりますよね?

 

これは、実際に検索する複合キーワードをGoogleが教えてくれるんです。

 

サジェスト検索イメージ

 

関連キーワードイメージ画像

 

このような検索を「サジェスト検索」や「関連検索」と言います。

 

この、関連検索やサジェスト検索をを盛り込んでいくことで、少しでも検索に引っかかる確率を上げているわけです。

 

私は、他にも「goodkeyword」や「関連キーワードツール」などを使用して、複合キーワードを探しています。

 

goodkeyword

https://goodkeyword.net

 

関連キーワードツール

http://www.related-keywords.com

 

このように、簡単に複合キーワードを教えてくれるツールはあるのですが、中には自分でキーワードを作ってしまう人も・・・。

 

自分で考えてキーワードを作ってしまうと、実際には検索されない可能性がありますよね?

 

検索されないキーワードで記事を書いてしまっては、せっかくの労力が無駄になります。

 

なぜかというと、どんなに質の高い記事を書いても、そもそも検索されないキーワードで記事を書いていれば検索されないので、誰も見ることはありません。

 

なので、複合キーワードを狙う場合は必ず実際に検索されているものを探しましょう。

 

そして、せっかくキーワードリサーチをしてキーワード設定をしても、競合調査をしていなければ意味がありません。

 

SEOを意識した競合調査、競合分析

競合分析とはその名の通り、競合を分析することなのですが、自分が狙っているキーワードの記事って既に多かれ少なかれライバルがいます。

 

なので、ライバルの記事を分析することで、自分の記事が上位表示されるように戦略を立てることが必要です。

 

これを怠ってしまうと、例え自分で完璧なキーワードリサーチをしてキーワード選定をしたとしても、もし競合の方があなたより質の高い記事を書いていたら、Googleは競合の方が質の高い記事を書いていると判断し、競合の方が価値のあるサイトだと認識します。

 

また、ネット上では必ず比較という行為が行われるので、あなたの狙ったキーワードで検索してくれたユーザーに競合とあなたの記事を比較され、競合の方が勝ちあるコンテンツと判断されてしまえば見込み客を取られる恐れも。

 

このように競合調査、競合分析をしていなくて記事を書いても「意味がない」と言えるぐらい無意味で時間の無駄なので必ずしていきましょう。

 

私が分析している主な項目は

 

  • 記事のボリューム
  • 機能的価値が盛り込まれているか?
  • 感情的価値が盛り込まれているか?

 

を主に分析しています。

 

記事のボリュームが多ければ必ずしも“良質なコンテンツ”というわけではありませんが、良質なコンテンツはユーザーに沢山の価値を提供しているので、必然的に文字数(記事のボリューム)は多くなるはずです。

 

例えば、○○というキーワードであなたは1,800文字の記事を書いたとします。

 

しかし○○というキーワードで、競合が書いた記事が8,000文字あれば、競合の方が○○について沢山の価値あることが書いてありそうじゃないですか?

 

先ほども言ったように「文字数が多いから良質なコンテンツ」ということは必ずではありませんが、良質なコンテンツは価値を沢山提供する為、文字数が多くなる傾向にあるので1つの目安として判断していきましょう。

 

機能的価値、感情的価値に関しては後で詳しく解説していきますが、機能的価値というのは簡単にいうと、説明書であったり参考書のようなものです。

 

機能的価値というのは、基本的に知識があれば誰にでも解説できるものとなっています。

 

また、感情的価値とは、あなたの経験談や独自の視点を盛り込んだり、感情を盛り込むことです。

 

こちらは、後で詳しく解説していきますね。

 

SEOを意識した読みやすい記事を作成する

SEOを意識した読みやすい記事?となるかもしれませんが、文章が読みずらかったり、なかなか結論が見えてこなかったり、誤字脱字が多ければユーザーは記事を読むのにストレスが溜まりますよね?

 

読者にとってストレスが溜まるコンテンツが、Googleにとって評価が高いと思いますか?

 

なので、記事はできるだけわかりやすく書いていきましょう。

 

ライティングのコツは色々ありますが、基本的にはユーザーの心理負担(読みたくないと思う心理)を極力減らすことがポイントです。

 

  1. 画像を挟んで読みやすくする
  2. 文字を装飾(文字色を変えたり文字のサイズを変更)して読みやすくする
  3. 改行をしてリズムを作る
  4. 余計な文章を入れない
  5. 専門用語を入れて難しくしない

 

以上のことがポイントとなります。

 

こういった工夫をして記事を読むための心理的ハードルを下げると、読者が話についてくれやすくなる。

 

1面に文字がぎっしり詰まっている記事よりは、適度な余白や画像があって文字が装飾された記事の方が読者にとっては読みやすいです。

 

SEOを意識した内部対策を構築する

内部対策とは関連する内容の記載があるページにリンクを貼ることで、検索エンジンの巡回を助けることができます。

 

そして、サイトの記事数が多くなればなるほど(WEBサイトのページ数が大きくなるほど)その傾向が強いです。

 

また、ユーザーにとってもページ数が多いサイトでは、自力で関連ページを探し出すことが難しい為、関連している内容がある場合にはリンクを貼っておくことで、誘導することができます。

 

あとは、「グローバルメニューの最適化」であったり、「パンくずリストの設置」も大事です。

 

グローバルメニューの最適化とは、主要となるページへのリンクがしっかりされているか?基本的に全てのページに共通して設置される部分なので、わかりやすい構造である必要があります。

 

メニュー参考画像

 

SEO対策を意識するにあたって、ページの構成は非常に大切な要素ですが、ここでいう最適化は構成のことではなく、現在構成されている内容に対して適切なグローバルメニューが設置されているかどうか?ということです。

 

なので、ページの多い少ないに関わらず主要なページへ移動するための経路として、適切かどうか確認していきましょう。

 

腫瘍ではない細かなページについては、サイドメニューとしてまとめたり、ページの中でまとめることで無闇にグローバルメニューのリンクを増やすことなく、WEBサイトの階層構造を維持することができます。

 

パンくずリストは、WEBサイトの階層構造を表すリンクのことです。

 

パンくずリスト画像

 

階層が細かく枝分かれしているようなWEBサイトでは、ユーザーがWEBサイト内のどこにいるか迷ってしまう為、パンくずリストを設置することで、各ページの階層構造を把握しやすくなります。

 

これは、ユーザーはもちろん検索エンジンにも伝えられることなので、パンくずリストを設置することで、検索エンジンにもWEBサイトの構造を適切に伝えることができる。

 

しかし、丁寧に内部リンクを設置しても「リンク切れ」していたら意味がありません。

 

リンク切れとは、文字通りリンクが切れてしまっており、リンクをクリックしても飛び先のページがない状態を言います。

 

リンク切れ自体が検索順位へ大きく影響を与えることはありませんが、WEBサイトとしてユーザーの利便性を損なう要素になり得るので、リンク切れは原則ないようにしましょう。

 

リンク切れを無料で確認できるサイトもあるので、量が多すぎて確認が困難な場合などは、そのようなツールを使用してみてください。

 

SEOを意識した外部からの被リンク対策を構築する

被リンクとは、他サイトで自分のサイトを紹介してもらっているということです。

 

例えば、

 

「このサイトの記事がすごく参考になりました!」

 

といった流れで、紹介のリンクをもらっているということです。

 

このように、被リンクが集まると自サイトのドメインパワーが育ってきます。

 

これを、「被リンク効果」とも呼び、サイトを育てる上で、被リンクを集めることは必ず必要です。

 

もちろん、自作自演のブラックハットSEOは、規約違反となり見つかった場合はペナルティを受けるので通用しません。

 

自然な流れで紹介してもらって得たリンクのことを「ナチュラルリンク」と言いますが被リンクを集めるにはどうすればいいのでしょうか?

 

ナチュラルリンクは簡単につくものではありませんが、以下のような方法があります。

沢山の人の役に立つ、価値あるコンテンツを作る

トレンドに乗っかり記事を書く

面白記事をバズらせる

ブログを炎上させる

沢山の人の役に立つ、価値あるコンテンツを作るのが、ある意味で最も理想的でオーソドックスなやり方です。

 

トレンドに乗っかって記事を書くというのは、トレンド(今話題のこと)を記事にするので、ある程度のアクセス数も見込めますし、最新の情報を記事に書くとで競合が少ない分上位表示も狙いやすくなっています。

 

トレンドは様々なものがありますが、例えば

 

  • 公開中の映画やテレビドラマで話題の芸能人の情報
  • 芸能人の結婚ネタ、恋愛、不倫、不祥事ネタ
  • 人気ゲームの攻略
  • テレビで取り上げられた話題、商品など
  • 海外情勢

 

トレンドの話題は沢山の方が検索していますから、こういった話題に触れて記事にするとちょっとした小ネタでもアクセス数を集めることが可能です。

 

面白記事をバズらせる、ブログを炎上させるこの2つの決定的な違いは故意的であるかどうかということ。

 

バズる(注目を浴びる)のは、結局話題になったり、注目を浴びているから起こる現象であって、「炎上」は批判したり、失言などをして注目を浴びることです。

 

炎上は好き嫌いがあると思いますが、注目を集める一つの手段でもあります。

 

ちなみに、私は炎上発言はやりませんし、おすすめしません。

 

なぜなら、ネットでそのような発言をすると、形に残ってしまいネット上で一生残るからです。

 

アクセスや注目は集めやすいですが、2次災害3次災害と思わぬところからトラブルやクレームが起こる可能性もあるので、私はおすすめしません。

 

やはり、ナチュラルリンクをもらうには

 

「沢山の人の役に立つ、価値あるコンテンツを作る!」

 

このことに集中していきましょう。

 

SEOを意識した機能的価値を盛り込む

機能的価値というのは簡単にいうと、説明書であったり参考書のようなもので、基本的に知識があれば誰にでも解説できるものとなっています。

 

なので、機能的価値を盛り込むことは、誰にでもできることなのですが重視するところは「量と丁寧さ」です。

 

誰にでもできる事だからこそ、

 

  • どこよりも多い情報量
  • どこよりも丁寧に説明してわかりやすくする

 

この2つが大事になります。

 

例えば、同じことを伝えていても「説明が不十分でわかりにくい情報」と、「わかりやすくて丁寧な情報」ではどちらがユーザーにとって価値があるか?

 

どちらが価値があるかは、すぐわかりますよね。

 

誰にでもできるからこそ、「量と丁寧さ」に拘っていきましょう。

 

SEOを意識した感情的価値を盛り込む

感情的価値とは、あなたの経験談や独自の視点を盛り込んだり、感情を盛り込むことです。

 

先ほど、機能的価値は誰にでも盛り込む事ができるので、「量と質」に拘りましょうと言いました。

 

しかし、ただ機能的価値を淡々と説明するのではなく、

 

  • あなたの経験談を盛り込む
  • 独自の視点や独自の考え方を盛り込んで機能的価値を説明する
  • 感情を入れる

 

この3つを意識を意識すると、機能的価値と感情的価値が合わさって価値が高まりますし、あなたのオリジナルコンテンツとして他サイトとの差別化も図れます。

 

まとめ

 

SEOについて解説しました。

 

ここでは、「SEOを意識して検索順位1位のサイトを作る」方法などを紹介させていただきましたが、SEOは人それぞれなところもあり、この記事に書いたあることだけが正解というわけではありません。

 

色んな意見を参考にしながら、あなたにあったSEO戦略をとって攻めていくのがいいでしょう。

 

ただ、1つだけ言えることは、Googleは今後も「ユーザーの役に立つ良質なコンテンツ」を上位表示する傾向にあるでしょうし、その精度は増すはずです。

 

SEOを意識することも大事ですが、ユーザーは文章を読んで共感してくれるので、コピーライティングについても学ぶことをおすすめしています。

 

【参考記事】

コピーライティングの本質とは?基礎から書き方まで徹底解説

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に連絡する

 

mail
こちらになんでも掲載できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です