30代からでもできる仕事とは?転職や未経験~と探す前に読んでほしい

30代からでもできる仕事とは?転職や未経験~と探す前に読んでほしい

 

後藤です。

 

今回は「30代からでもできる仕事とは?」について解説していきます。

 

というのも、私自身も30代で仕事を辞め、現在はパソコン1つでお金を稼ぎ、生計を立てているので、もしあなたが現状の仕事に満足いかず

 

  • いつまでたってお給料が上がらない
  • 自分に合っていない仕事だと感じる
  • 成長できる環境ではなく将来が不安
  • 会社の人達と合わない
  • 他に自分に合う仕事はないか?
  • 雇用形態、福利厚生の不満

 

など、働いている仕事や職場環境に何かしらの不満があるなら、ぜひ読んでいただければと思います。

 

また、今回30代と記載していますが、20代や40代・50代の方でも現状に満足いかず「今よりいい仕事」を探しているなら、ぜひ読んでみてください。

 

30代の私の体験談も踏まえてお話しさせていただきますので、「30代からでもできる仕事」を探しているなら、参考にしていただけたらと思います。

 

色々な角度からお話しさせていただいていますが、最後には後藤がおすすめしている仕事についてもお話しさせていただきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

30代からでもできる仕事を探している人の転職事情、給料面の不満

 

30代転職事情イメージ

 

「30代に入ってからの転職」と聞くと、難しい選択に感じるかもしれません。

 

実際、20代の頃に基盤を作って仕事をしていたので、「人間関係の再構築」や「今まで築き上げたものがリセットされる」ので、もし職場を変えて

 

「前の職場の方がよかった」

 

となれば、前の職場に戻ることもできないので中々一歩踏み出せない方もいるでしょう。

 

職場環境と書きましたが、基本的にヘッドハンティングで会社を変わるわけでもない限り、最初から給料アップは望めません。

 

ヘッドハンティングは外部からスカウトがあってから、転職するかを悩みますが、「30代からでもできる仕事とは?」と自分から仕事を変えようとしている場合、「給料が上がらないから」という理由で転職するなら辞めたほうがいいでしょう。

 

20代のうちは、親しい友人同士で集まっても収入の差をあまり感じませんが、30代にもなれば職種にもよりますが、収入に大きな差が出始めます。

 

30代前半の平均年収は約400万円ほどですが、30代後半になると430万と同じ30代でも30万以上の差が・・・。

 

しかし、30代で転職や未経験の仕事を始めれば大きく年収が上がることはないでしょう。

 

また、40代・50代に突入すれば、平均年収も500万円に上がるので、契約社員や派遣社員、フリーターのままだと平均年収にも遠く及ばないまま細々とした将来を迎えることになってしまいます。

 

30代ですと、後30年ほど働くことになりますし、30年後、日本の雇用形態もどうなっているかはわかりません。

 

ひと昔前は定年といえば60歳でしたが、今後は「定年65歳」が一般的になる可能性もあります。

 

今後、毎月生活できるほどの年金がもらえるかもわかりませんし、定年を迎えても生活できるほどの貯金がなければ、働かなければいけなくなるので・・・。

 

また、給料が低いという理由でも、

 

  • 今、貰っている給料なのか?
  • 将来的に貰える給料なのか?

 

で話は変わってきますが、基本的に未経験なら転職した段階で「今より給料がいい」というのは稀だと思います。

 

将来的に貰える給料を見越しての転職ならまだわかりますが、「現段階」の給料面での不満だけで転職するなら一度考えたほうがいいです。

 

給料が数十万変わるなら話は別ですが、数万円程度なら尚更。

 

「数万程度でも転職する決め手になる」と考えているかもしれませんが、労働環境は今より悪くなる可能性は高いです。

 

長時間労働や休日出勤などのハードワークで労働環境が悪くなることにより、結果、身体を壊すこともあります。

 

会社を休んだり、最悪働けなくなってしまえば、給料がもらえなくなることもあるので本末転倒になることも。

 

なので、一概に給料面だけですぐに仕事を変えたいと考えるのであればおすすめしません。

 

また、給料面だけではなく職場環境や労働環境に不満があり、転職を考え、経験・未経験問わず30代からでもできる仕事を探しても

 

「今の仕事が嫌だから転職したい!」

 

という理由だけで後先考えずに仕事を変えてしまうと、あとで後悔することも。

 

なので、将来も見据えて転職するか考えなければいけません。

 

それでも、

 

「今すぐ働く環境を変えたい!」

 

と、給料面よりも職場環境が理由で転職を考えている方もいると思います。

 

30代からでもできる仕事を探す理由「今の職場環境に不満があり将来性がない」

 

職場環境イメージ画像

 

今の職場に不満があって将来性がない人はたくさんいると思います。

 

サラリーマンの8割が、「今の給料に満足していない」というアンケート結果があるぐらいです。

 

私の場合、前職はキャバクラの店長をしていました。

 

夜の業界では珍しく社会保険も完備しており、中々の大手。

 

しかし、社員の勤務時間の改ざんも当たり前のようにありましたし、公休なども形上あるだけでしっかりと取ることはごく稀でした。

 

プロフィールにも書いてありますが、夜の仕事なので生活リズムは乱れるし、給料も勤務時間のが長いため時給換算するとよくありません。

 

そして、40代、50代の自分を想像した時に、明るい将来が見えませんでした。

 

しかし、「一生この仕事をやっていくつもりはない」と思いながらも、

 

  • 学歴も資格もない
  • 今後やりたい仕事もない
  • 仕事を辞めて転職成功できるか不安

 

など、仕事は変えたいけど仕事が変わることに不安を持っていたので、一歩踏み出せずにいたんですね。

 

最終的には、その当時の上司をきっかけに辞めることにしました。

 

ちなみに、30代で転職をする主な理由として

 

  • 自分自身のキャリアアップ
  • 会社の将来性に不安がある
  • 給料が安い、昇給がない
  • 福利厚生に不満がある
  • 仕事内容や人間関係が合わない

 

これらの意見が転職サイトのデータとして上がっているそうです。

 

将来的なことを見越しての選択か、現状に不満があっての選択で意見が分かれますが、30代でいい職につけるかで人生を左右すると言っても過言ではないので慎重に決めなければいけません。

 

次に、30代で転職する際の注意点について書いていきます。

 

30代からでもできる仕事で未経験分野へ転職する際の注意点

 

未経験イメージ画像

 

30代で転職する際、以下のことに気をつけなければいけません。

 

  1. 転職活動は長引く
  2. 30代の転職者に求められるポイント

 

この2点について順に解説していきます。

 

転職活動は長引く

仕事は人生の3分の1を占めるので、先ほども言ったように人生を左右すると言っても過言ではありません。

 

社会人としてもある程度の経験を積んでからの転職になりますので、20代の時と同じ感覚で駄目です。

 

転職活動を慎重に行っていきますので、長期化する可能性も視野に入れなければいけません。

 

会社を辞めてから仕事探しを始めているようじゃ、転職活動中に貯金が底をつき、生活すらままならない状態になりますので、絶対に転職先が決まってから退職をするようにしましょう。

 

また、

 

  • 数社の面接を受け、内定をもらった会社の中から選ぶ
  • 転職してみて合わなかったら、次の職種に変える

 

などの考えはやめた方がいいです。

 

もちろん、様々な職種を経験するのは悪いことではないと私は思いますが、30代で転職回数があまりにも多いと、面接時に「採用しても続かないのでは?」と採用担当に思われてしまい、マイナスなイメージになるだけ。

 

安易な妥協をせずに、「続けたい」と思える会社だけに絞りましょう。

 

焦って転職先を選び、働き始めてから「辞めたい」と思ってしまっては、転職した意味がないので。

 

そして採用された場合、新しい職場で働くことになりますが、

 

  • 初めて目にする仕事
  • 知らない用語
  • 会社のルール
  • 職場での人間関係

 

などが以前働いていた会社とは違います。

 

このようなことは、実際に働いてみないとわからないこともありますが、人間関係で転職を考えている場合は、前の職場と比較してしまうこともあるでしょうし、転職先の上司が年下の場合も。

 

以上のことを踏まえて、「ただ、自分に合いそうだ」と軽い気持ちで仕事を選ぶのではなく、後戻りできないことを考え「将来的によりも、生涯的に続けられるかどうか」を念頭に置いて転職先を選ぶことをおすすめします。

 

30代の転職者に求められるポイント

転職する際に、自分が転職したい会社に必ず採用されるとは限りません。

 

というのも、採用の合否を決めるのは企業側です。

 

  • これまでの経験を活かせる即戦力
  • 将来的に会社の中核になりそうな人材

 

このような人材を求めているかもしれません。

 

しかし、専門的なスキルが必要な職場の場合、いきなり即戦力になるのは不可能です。

 

なので、事前に転職先に関連する資格や情報を得ておくのもいいでしょう。

 

「未経験歓迎」と採用条件にある場合、職種に関する資格や情報は仕事に対する姿勢や熱意として評価される基準になります。

 

また、30代の転職となるとマナーや指導力、業務請負に対する姿勢などの社会人スキルもアピールするポイントになりますのでアピールしていきましょう。

 

もしかしたら、「仕事を決めて必要な資格を取得する」というよりは、「未経験でも有利に働らく資格を取得してから職場を決めたい」という方もいるかもしれません。

 

30代からでもできる仕事で転職に有利な資格とは?

 

資格イメージ画像

 

どの会社に転職するにも、

 

  • 魅力的な実績
  • 経験
  • スキル

 

があれば、自信を持って転職活動もできますし採用が決まりやすいかもしれません。

 

しかし、そのような人はごく一部だと思います。

 

次の就職先がなかなか見つからず、将来や今の生活に不安を抱えながら過ごしている人もいるでしょう。

 

なので、1日も早く転職先を見つけるために、まずは「資格を取得する」ことを目指す人もいるはずです。

 

30代での採用となると、どの企業も仕事ができるという前提での採用になるので、未経験から実績や経験を積んでいくチャンスが少なくなります。

 

なので、この実績や経験を穴埋めする方法として、「資格を取得する」という選択をする人も。

 

30代なら、未経験から実績や経験を積んでいくチャンスが少なくなりますが、資格なら勉強して合格すれば取得できるので、誰にでもチャンスがあります。

 

また、資格を取得すれば次のステップアップとして自身の成長にも繋がりますしね。

 

ここでは、30代からでも取得可能な資格を紹介していきます。

 

「将来を今より充実したい!」

 

と考えての転職なら、仕事をしながらでも時間を見つけ勉強できるはずです。

 

ここでは、職種の詳細については割愛させていただき、おおよその勉強時間や取得難易度、給料形態についてお話ししていきます。

 

行政書士

行政書士は、いわずと知れた国家資格です。

 

仕事内容としては、役所に提出しなければいけない書類を、代理で作成し提出します。

 

飲食店を出店する際に必要な書類、株式会社設立に必要な書類など、その数は1万種類以上。

 

そして個人、法人問わず顧客にすることができるので、仕事の需要もあり、年収2,000万、3,000万円以上稼いでいる人もいます。

 

資格を取得していきなり高収入というわけではなく、平均年収は600万円というデータも出ていますが、稼いでいる人とそうでない人の差が激しい業種。

 

勉強時間に関して、とある通信講座では、行政書士に合格するための学習時間として500時間を勉強時間として設定しているそうです。

 

1年で考えると、1日、1〜2時間の勉強時間が必要になります。

 

行政書士の合格率は低く、10%前後で推移しているとのこと。

 

行政書士の試験は年1回となっています。

 

社会保険労務士

社会保険労務士の主な仕事内容は、

 

  • 社会保険・労働保険の手続き
  • 就業規則・退職金制度の作成・相談
  • 人事採用や退職の相談
  • 社内教育の相談

 

など、この他にもたくさんの業務内容がありますが、要するに社内の労働環境を整える仕事になります。

 

社会保険労務士の給料は、独立や事務所勤務などによっても変わりますが、年収400万円〜800万円程度。

 

社会保険労務士の試験を受けるには、学歴や資格などが必要になり、誰でも受験できるものではありません。

 

また、独学で合格するには800〜1,000時間が目安と言われており、合格率は5%〜10%程度と言われています。

 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、

 

  • ライフプランニングと資金計画(年金・医療・介護)
  • 資産運用(金融資産運用)
  • 税金計算(タックスプランニング)
  • 保険商品(リスク管理)
  • マイホーム(不動産)
  • 相続準備(相続・事業承継)

 

この6つの分野を扱う金融の専門家です。

 

具体的な仕事内容は、顧客の財政的な悩みを専門的知識を駆使して解説する仕事となっています。

 

ファイナンシャルプランナーの試験は、実技と学科に分かれており、両方合格しなければいけません。

 

資格は1〜3級まであり、試験の合格率は、3級が約60%、2級が約30%と比較的高いです。

 

また、一般的な勉強時間は、3級が80〜150時間、2級が150〜300時間とも言われています。

 

1級に関しては、

 

  • 実務経験5年以上
  • 2級合格者で実務経験1年以上

 

となっており、「実務」を必要としています。

 

ファイナンシャルプランナーの平均年収は300〜400万円ほど。

 

他の資格より取得難易度は低いですが、収入は高いとは言えません。

 

宅建

宅建の資格は、不動産関連の仕事や転職に有利です。

 

なぜかというと、不動産屋は不動産の売買・貸借の契約時に重要事項の説明を書面で見せながら説明しなければいけませんが、これは宅建有資格者しかできません。

 

その他にも、不動産を経営する会社なら各事務所、5人に1人以上の割合で有資格者を配置しなければいけないルールもあります。

 

つまり、宅建の有資格者なしで不動産会社を運営していくことはできないので、資格を持っていると有利ということです。

 

また、資格手当として、毎月5,000円〜3万円ほどの手当が支給されます。

 

最終的に独立などを目指す場合、宅建の資格は独立開業型の資格ではありませんので、給料的には+αという形に。

 

それでも宅建は人気の資格なので、取得難易度もそれなりに難しいです。

 

宅建の試験は年1回で合格率は15%〜17%ほど。

 

およそ、8割以上の受験者が不合格に。

 

しかし、基礎問題をきちんと勉強すれば合格するとも言われており、勉強に必要な時間は独学で200〜400時間と言われています。

 

以上、転職に有利な資格をいくつか紹介させていただきました。

 

確かに、資格を取得すると自信もつきますし、自身のキャリアアップにつながると思います。

 

ただ、1から勉強して試験には受かったものの、実務経験は無いので「知識のある未経験」です。

 

資格を持っていることで、履歴書にも記載できますしアピールポイントにはなります。

 

「未経験でも大歓迎!」

 

と言ってくださる会社は探せばあると思いますが、その会社が本当にあなたが働きたかった会社・職種なのでしょうか?

 

自分が働きたい職種や会社で資格が必要であれば資格取得も一つの手段です。

 

しかし多くの人は、

 

「30代で未経験だと中々採用してもらえないから、とりあえず資格を取得しておこう」

 

と考えている人が多い気がします。

 

資格を取得して転職先が見つかったとしても、初めてする仕事であったり、人間関係はまた1からスタートさせなければいけません。

 

未経験の職種に転職であれば、いきなりの給料アップも見込めないでしょう。

 

なので、転職を考えての資格取得であれば、あまりおすすめしません。

 

30代からでもできる仕事を探す場合、資格取得は必須か?

 

リスクイメージ画像

 

先ほども言ったように、転職を考えての資格取得であれば、おすすめはしていません。

 

なぜなら、資格を取得するためにまず勉強をしますが、試験に合格し資格を取得したとしても、そこからがまたスタートです。

 

  • 就職先を探す
  • 転職してもまた1から仕事を覚える
  • 人間関係の再構築

 

入社できたとしても、資格や知識があっても未経験と能力はあまり変わりません。

 

また、自分より年下が上司であったり、先輩になることも覚悟する必要があります。

 

実際働いてみて、

 

「前の職場の方がよかった」

 

となった場合、「また転職先を探すのか?別の資格を取得するのか?」と、こんなことを言ったらキリがありませんが、それなら特別な資格などなくても一生食べるに困らないほどのお金を稼ぐことができる仕事はあります。

 

それが、ネットビジネスです。

 

後藤がおすすめする30代からでもできる仕事(ネットビジネス)とは?

 

30代からでもできる仕事おすすめイメージ画像

 

私が、30代からでもできる仕事として、ネットビジネスをおすすめしています。

 

と言っても、30代限定ではなく年齢関係なくおすすめできますが。

 

ネットビジネスというのは、

 

  • 資格を取得する必要がない
  • 年齢関係なく始めることができる
  • インターネットがある限りビジネスをし続けることができる
  • インターネットを使うと、全世界から集客することが可能
  • 会社員よりも稼ぐことが可能

 

などのメリットがあります。

 

資格取得とは違い「勉強時間=作業時間」になるので、0からのスタートでもノウハウを学びながら稼ぐことが可能。

 

また、パソコン1代で稼ぐことができるので、

 

「会社が倒産した!」

「体を壊してしまった」

 

という不安やリスクから解放されます。

 

なので、「今の会社で働きながらネットビジネスに取り組んでいき、ネットビジネスでの収益が安定したら会社を退職する」という働き方がおすすめです。

 

わざわざ働く環境を変えるよりも、今の生活環境でネットビジネスを始めた方がよっぽど将来のためになります。

 

ネットビジネスで稼いで会社を退職すれば、

 

  • パソコン1つで仕事ができるので、職場を選ばず働くことができる
  • 好きな時間に働くことができるから、朝はゆっくりできるし休みたい時に休める
  • 嫌な上司や会社の人間関係に悩まされることがないのでストレスフリーで生活できる

 

といった「会社に縛られることなく生きる自由な人生」を選択することが可能です。

 

私もネットビジネスを行うことで上記のことを可能にしていますし、仕事を辞めた後に資格取得を考えることもなく、再就職する必要もなくなりました。

30代かでもできる仕事のまとめ

 

どんな職業を選ぶにしても、“生活するために仕方なく仕事をする”のではなく、「人生をよりよくするための仕事」を選択できるような環境が大切です。

 

今やっている仕事、今までやってきた仕事も、全てあなたが何かしら選択してたどり着いた職業だと思います。

 

現状を変える、未来を今より豊かにしたいという気持ちがあるなら、今までと同じ考えでは何も状況は変わりません。

 

新しい働き方として、

 

「ネットビジネスに挑戦したい!」

 

と興味を持っていただけたのなら、私の無料メール講座で詳しく解説しているのでぜひ登録してください。

 

後藤の無料メール講座に登録する

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に連絡する

 

自分ライフ
こちらになんでも掲載できます

もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。(下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です