サイトマップを自動更新するプラグイン【Google XML Sitemaps】

サイトマップを自動更新するプラグインイメージ

 

後藤です。

 

新しい記事を書いて公開しても、書いた記事がGoogleの検索エンジンに認識してもらわなければ検索結果に反映されません。

 

書いた記事がGoogleの検索エンジンに認識されるには、クローラーと呼ばれるロボットがサイトを巡回することで情報を更新(検索エンジンに反映)してくれます。

 

ちなみにクローラーという名前の由来は、WEB上を這う(クロールする)ことからクローラーと呼ばれており、ロボットやスパイダーと呼ばれることも。

 

検索エンジンに反映されるといっても、クローラーは必ずしも全てのWEBページを巡回するわけではありませんし、公開したページをすぐに発見してくれるとも限りません。

 

なので、新しく公開した記事を早く検索エンジンに認識してもらうために、XMLサイトマップというものを設置して、サイトや記事の存在、情報をクローラーに知らせる必要があります。

 

XMLサイトマップを設置するには、自分で作成することもできますし、ツールを利用して作成することも可能です。

 

でも中には、

 

「サイトマップを自分で作成するのは難しそう」

「記事を更新するたびにサイトマップを編集するのは面倒だな」

 

と思う方もいらっしゃると思います。

 

そこでおすすめしたいのが、WordPressプラグインの「Google XML Sitemaps」です。

 

このプラグインをサイトに導入すると、サイトマップを自動で作成・更新し、管理してくれます。

 

Google XML Sitemapsをインストールし、最初に設定をしてしまえば後は自動でサイトマップを更新してくれるのでとても便利です。

 

では、Google XML Sitemapsの導入方法について解説していきます。

 

Google XML Sitemapsの導入方法

 

Google XML Sitemapsイメージ0

 

まずは、WordPressの編集画面から、「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

 

Google XML Sitemapsイメージ1

 

次に、検索欄に「Google XML Sitemaps」と入力して、検索結果にGoogle XML Sitemapsと表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

 

Google XML Sitemapsイメージ2

 

インストールが完了したら、「有効化」をクリック。

 

これでプラグインのインストールは完了です。

 

Google XML Sitemapsの設定

 

ここからは、Google XML Sitemapsの設定について解説していきます。

 

Google XML Sitemapsイメージ3

 

まず、WordPressの編集画面から「設定」→「XML Sitemaps」をクリック。

 

各項目を順に解説していきます。

 

Google XML Sitemaps「基本的な設定」

Google XML Sitemapsイメージ4

 

「基本的な設定」で赤枠で囲った3つの項目にチェックが入っているか確認してください。

 

ちなみに、「Notify Google about updates of your site」と「Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site」にチェックを入れておくと、サイトを更新した際にGoogleとBingに通知されるようになります。

 

「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加」はサイトマップを検索エンジンに伝えてくれる項目なので、3つの項目は忘れずにチェックを入れておきましょう。

 

Google XML Sitemaps「投稿の優先順位」

「基本的な設定」が終わったら、下へスクロールして「投稿の優先順位」まで進んでください。

 

Google XML Sitemapsイメージ5

 

ここで、「優先順位を移動的に計算しない」にチェックを入れておくと、この後自分で設定する優先順位を反映してくれます。

 

ここから先は、好みでカスタマイズしていきます(解説は私が設定したものになっていますので参考までに)。

 

Google XML Sitemaps「Sitemap コンテンツ」

「Sitemap コンテンツ」では、検索エンジンに通知したい(サイトマップに含める)ページを選択することができます。

 

通知が不要なページにクローラーが見に行かないようにするために、重要なページを含むものだけにチェックしていきましょう。

 

Google XML Sitemapsイメージ6

 

私はこのように設定しています。

 

デフォルトだと「固定ページを含める」にチェックが入っていますが、私はチェックを入れていません。

 

なぜかというと、内容がないコンテンツやWEBサイト内検索などで、検索結果が0のページをクローリングされると検索結果に表示させる価値が低いWEBサイトだと認識されるから。

 

固定ページは、問い合わせやアンケートフォームで使っているため、反映させないようにチェックを外しています。

 

Google XML Sitemapsイメージ7

 

また、サイトマップに含めたくないカテゴリーなどがある場合は「Excluded Items」で設定しますが、特にない場合はデフォルトのままで問題ありません。

 

Google XML Sitemaps「Change Frequencies」

「Change Frequencies」では、サイトマップを検索エンジンに通知する頻度をコンテンツ毎に指定することができます。

 

Google XML Sitemapsイメージ8

 

「メモ」に書いてあるように、設定した値は絶対的なものではなく「あくまで目安」となります。

 

Google XML Sitemaps「優先順位の設定」

「優先順位の設定」は、コンテンツ毎に1.0(とても重要)から0.0(重要ではない)の範囲で自由に指定することができます。

 

Google XML Sitemapsイメージ9

 

先に説明した「投稿の優先順位」で「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れて入れば、ここで指定した設定が反映されます。

 

Google XML Sitemapsイメージ10

 

最後に「設定を更新」をクリック。

 

以上で、サイトマップを自動更新してくれるプラグイン、Google XML Sitemapsの設定は完了です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に連絡する

 

自分ライフ
こちらになんでも掲載できます

もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。(下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です