文字化けや文字数の不具合などを解決するプラグイン【WP Multibyte Patch】

タイトル画像
Pocket

 

後藤です。

 

今回は、日本版WordPressに最初からインストールされているプラグイン、「WP Multibyte Patch」について解説していきます。

 

導入方法として、ただ有効化にするだけで設定なども特にありませんが、

 

「WP Multibyte Patchはどのようなプラグインなのか?」

「有効化にした方がいいのか?」

 

という疑問を持つ方もいらっしゃると思うので、WP Multibyte Patchの機能について解説させていただきますね。

 

WP Multibyte Patchの導入方法

 

WP Multibyte Patchは、冒頭でもお伝えした通り、WordPressに最初からインストールされていますので有効化にするだけ。

 

プラグイン選択イメージ画像

 

WordPressの管理画面から、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を選択します。

 

有効化イメージ画像

 

そして、WP Multibyte Patchの「有効化」をクリック。

 

これでWP Multibyte Patchの導入は完了です。

 

もし、WP Multibyte Patchを消してしまったり見当たらない場合は、「プラグイン」→「新規追加」を選択して検索欄に「WP Multibyte Patch」と入力してください。

 

するとWP Multibyte Patchが表示されますので「今すぐインストール」→「有効化」とクリックで完了。

 

WP Multibyte Patchの役割

 

WP Multibyte Patchの主な機能として、

 

  • 検索の際に全角スペースを区切り文字として認識させる
  • 検索文字列内の重複するスペースを取り除く
  • トラックバック、ピンバックの文字化け防止
  • メール送信の文字化け防止
  • 文字数カウントの不具合を修正
  • マルチバイト文字のファイル名がアップロード時に変換されない不具合を修正する

 

などになります。

 

トラックバックとは?

トラックバックとは、自身のブログ(A)で他者のブログ(B)の内容を引用・参照した時にそのブログ(B)に自分の記事のリンクを通知すること。

 

トラックバックを送信することによって、送信元(A)と送信先(B)が相互リンクされた状態になるので、他者のブログ(B)を訪問したユーザーからのアクセスが期待できるようになります。

 

ピンバックとは?

ピンバックはトラックバックと似た仕組みですが、トラックバックがトラックバックを送信する相手を後から指定したのに対して、ピンバックは記事の本文中に記載されたリンク先に対して自動的に送信します。

 

現在ではどちらもあまり使われていません。

 

マルチバイト文字とは全角文字のこと(「あ」と同じくらいの幅の文字のこと)。

 

もともと、WordPressはアルファベット(シングルバイト文字)向けに作られたものなので、日本語(マルチバイト文字)を使用すると様々な不具合が起こることがあるのです。

 

WP Multibyte Patchでは、そんな不具合を修正してくれるプラグインになります。

 

WP Multibyte Patchのまとめ

 

WP Multibyte Patchは、日本語版のワードプレスを使用する際に起こる不具合を解決してくれるプラグインになりますので、WP Multibyte Patchを有効化することをおすすめします。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に連絡する

 

mail
こちらになんでも掲載できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です