【Q2W3 Fixed Widget】サイドバーをスクロール追尾するプラグイン

タイトルイメージ画像
Pocket

 

後藤です。

 

サイトを運営していて、魅力的なコンテンツや価値ある記事を書いていると記事が長くなることがあります。

 

記事が長くなると、サイドバーが空白になってしまうことがありますよね。

 

スマートフォンで見る場合は気づきませんが、パソコンで見ている場合、サイドバーが空白になってしまうのはもったいないです。

 

そこで、「Q2W3 Fixed Widget」というプラグインを導入することで、サイドバーのウィジェットをスクロール追尾させることができるようになるので、ぜひ導入していきましょう。

 

空白イメージ画像

 

Q2W3 Fixed Widgetを導入していない場合は、画像のようにサイドバーは空白になりますが、当ブログでは実際にQ2W3 Fixed Widgetを導入していますので、サイドバーがスクロール追尾されるか確認してみてください(下にスクロールするとサイドバーがスクロール追尾されます)。

 

Q2W3 Fixed Widgetの導入方法

 

ワードプレス管理画面イメージ画像

 

まずは、WordPressの編集画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

 

インストールイメージ画像

 

次に、検索欄に「Q2W3 Fixed Widget」と入力して、検索結果にQ2W3 Fixed Widgetと表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

 

有効化イメージ画像

 

インストールが完了したら、「有効化」をクリック。

 

これでプラグインのインストールは完了です。

 

Q2W3 Fixed Widgetの設定方法

 

Q2W3 Fixed Widgetの設定方法を解説していきます。

 

プラグイン設定イメージ画像

 

WordPress管理画面から「外観」→「ウィジェット」をクリック。

 

チェックイメージ画像

 

スクロール追尾させたいウィジェットの詳細画面で「Fixed widget」にチェックを入れて「保存」をクリックして完了です。

 

注意点として、スクロール追尾させたいウィジェットはサイドバーの一番下に設置すること。

 

設定したサイトを確認すると、スクロール追尾されていることが確認できますが、一番下までスクロールするとフッター部分にかぶった状態で表示されてしまいます。

 

Q2W3 Fixed Widgetのカスタマイズ

フッター部分のかぶりはWordPressの管理画面から設定できます。

 

ワードプレス編集画面イメージ画像

 

「外観」→「Fixed widget設定」をクリック。

 

一般設定イメージ画像

 

「一般設定」の「下マージン」をフッターの高さに応じた数値に変更。

 

スマートフォンで追尾表示させない場合は、「幅の無効化」の数値を変更します。

 

当サイトの設定イメージ画像

 

ちなみに、当サイトでは上の画像のように設定していますので参考にしていただけたらと。

 

「互換性」や「カスタムID」は基本デフォルトや空白で大丈夫ですが、状況に応じて設定していきましょう。

 

Q2W3 Fixed Widgetのまとめ

 

今回は、サイドバーを追尾スクロールするプラグイン、Q2W3 Fixed Widgetについて解説させていただきました。

 

読者にアピールしたいコンテンツを、目に止まりやすい場所に設置することは大切なので、ぜひ導入していきましょう。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に連絡する

 

mail
こちらになんでも掲載できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です