【All in One SEO Pack】SEOのあらゆる設定ができるプラグイン

タイトルイメージ画像
Pocket

 

後藤です。

 

今回は、WordPressでブログを運営する際に非常に大事なプラグインとなる、「All in One SEO Pack」について解説していきます。

 

というのもAll in One SEO Packは、WordPressで作成したブログで集客するために重要な、Googleにあなたのサイトを認識してもらう必要があるから。

 

その設定というのは、

 

  • SEOのメタ設定
  • ソーシャルメディアの拡散に必要なOGP設定
  • Googleクローラーにあなたのサイトを巡回してくれと伝えるXML Sitemap設定

 

という3つの設定になります。

 

ブログ集客のメインは検索エンジンになりますので、アクセスを集めるにはあなたのブログをGoogleに認識してもらう必要があるからです。

 

この検索エンジンというのは、GoogleとYahoo!がアクセス源のメインとなっていますが、Yahoo!はGoogleと同じ検索エンジンのシステムを使っているので、Googleの検索エンジンを攻略していけばOKということ。

 

だからこそ、検索エンジン対策としてGoogleにあなたのサイトを認識してもらえるような設定をしていく必要があります。

 

どんなに質の高い記事やコンテンツを作ったとしても、Googleにその存在を認識してもらえなければ意味がありません。

 

ビジネスも同じですが、認識してもらうからこそ、良い評価も悪い評価も受けることができます。

 

今回、All in One SEO Packの導入の仕方、設定方法を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

All in One SEO Packの導入方法

 

インストールイメージ画像

 

まずは、WordPressの編集画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

 

プラグインインストールイメージ画像

 

次に、検索欄に「All in One SEO Pack」と入力して、検索結果にAll in One SEO Packと表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

 

有効化イメージ画像

 

インストールが完了したら、「有効化」をクリック。

 

これでプラグインのインストールは完了です。

 

All in One SEO Packの設定方法

 

ここでは、All in One SEO Packの設定について順に解説していきます。

 

設定イメージ画像

 

WordPressの管理画面から、「All in One SEO Pack」→「一般設定」をクリック。

 

一般設定

一般設定イメージ画像

 

「一般設定」でチェックを入れる項目は上記の画像の通りです。

 

チェックを入れた項目について詳しく解説します。

 

Canonical URL

URLが違うのに同じコンテンツがあった場合、Googleからマイナス評価を受けてしまいますが、それを回避できます(必ずチェックを入れましょう)。

 

ページネイションをCanonical URLにしない

記事を複数ページにした時に、2ページ目以降を1ページ目に最適化してくれます(とりあえずチェックを入れておけば大丈夫です)。

 

カスタムCanonical URLを有効化:

記事ごとに優先させたいURLなどがある場合はチェックをします。

 

チェックを入れると、各投稿ページのAll in One SEO Pack・メイン設定のところに「カスタムCanonical URL」という項目が追加されるので、そちらに優先させたいURLを入力することが可能。

 

元のタイトルを利用

他のプラグインなどでタイトルを設定するときはここにチェックを入れますが、基本「無効」で大丈夫です。

 

Schema.org マークアップを使用

クローラー(検索ロボット)がページ内を解析しやすいようにします(検索エンジンにサイトの情報を伝えやすくなりますので必ずチェックを入れましょう)。

 

ログの重要なイベント:

All in One SEO Packサポートチームから指示がある場合のみ、チェックを入れる箇所です。

 

一般設定はこのように設定していきましょう。

 

いきなりめんどくさそうな感じですが、とりあえず画像通りにチェックを入れておけば大丈夫です。

 

ホームページ設定(タイトル、ディスクリプション)

ホームページ設定では、あなたのサイト(トップページ)のタイトルとディスクリプションの設定を行います。

 

WordPressの管理画面で設定しているかもしれませんが、再入力していきましょう。

 

ここで入力した内容が検索エンジンの検索結果に表示されます。

 

サイトディスクリプションイメージ画像

 

ディスクリプションとは画像のように検索エンジンに表示される部分のこと。

 

ホームページ設定イメージ画像

 

ホームタイトル

ブログのタイトルを入力します。

 

ホームディスクリプション

サイトの説明文にあたる部分です(あなたのサイトをアピールしましょう)。

 

代わりに固定フロントページを利用する

固定ページをトップページにしていない場合は、「無効」にチェックを入れましょう。

 

タイトル設定

タイトルの設定イメージ画像

 

タイトルの設定は「タイトルを書き換える」は「無効」にチェックを入れます。

 

タイトルを書き換える

タイトルの設定についてですが、ここでの設定はGoogleの検索結果ページに表示される設定になりますが、今では検索結果に表示されるタイトルはGoogleが調整をしているので、「無効」を選択。

※他の部分はいじらなくて大丈夫です

 

コンテンツタイプ設定

コンテンツタイプ設定は、

 

  • コンテンツタイプ用 SEO:有効
  • SEOを行うコンテンツタイプ:投稿、固定ページにチェック
  • 詳細設定を有効化:有効

 

と設定していきます。

 

コンテンツタイプイメージ画像

 

コンテンツタイプ用SEO:

記事毎に個別のSEO設定を行えるようになりますので「有効」にチェック。

 

SEOを行うコンテンツタイプ:

個別のSEO設定を他のページでも設定したい場合は、チェックを入れますが、「投稿」と「固定」にチェックを入れておけば大丈夫です。

 

詳細設定を有効化:

Googleがタイトルを調整して表示しているので、「無効」にしておきましょう。

 

今回は、通常の投稿や固定ページのSEO設定をするための設定をしました。

 

表示設定

表示設定イメージ画像

 

表示設定では、SEO設定メニューの表示場所を指定します。

 

カスタム投稿タイプの例ラベルを表示:

SEOで上位表示させる必要がある

 

  • 投稿
  • 固定ページ

 

にチェックを入れましょう。

 

その他の項目については、上位表示させる必要性がないのでチェック入れていません。

 

ウェブマスター認証

ウェブマスター認証イメージ画像

 

ここではGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の認証を行うことができます。

 

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供するSEOツールのことです。

 

Googleサーチコンソールを使うことにより、ユーザーがどのようなキーワードであなたのサイトに訪れたのかなどの情報を確認することができますので、忘れずに設定しておきましょう。

 

Googleサーチコンソールについては、こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしていただけたらと思います。

参考記事
準備中

Googleの他に、BingやPinterestの認証もできるので、必要に応じて設定していきましょう。

 

通常であれば参考記事でも解説しているように、Googleサーチコンソールのメタタグをテーマに直接入力する必要がありますが、ここに入力することによって、簡単にサイト認証が行えます。

 

クリックイメージ画像

 

プロパティ追加イメージ画像

 

Googleサーチコンソールにログインして「プロパティを追加」をクリック。

※Googleサーチコンソールの登録の仕方は参考記事で詳しく解説しています

 

URL入力イメージ画像

 

このような画像が出ますので、連携したいサイトのURLを入力して「続行」をクリック。

 

所有権の確認イメージ画像

 

「所有権の確認」と表示されますので、下にスクロールしていき、「その他の方法」→「HTMLタグ」をクリック。

 

すると、以下のようなメタタグが表示されます。

 

<meta name=”google-site-verification” content=”◯◯◯◯◯” />

 

この◯◯◯◯◯の部分のみをコピーしてください。

 

あとでもう一度Googleサーチコンソールの画面に戻りますので、ウインドウは閉じないでください。

 

貼り付けイメージ画像

 

コピーした◯◯◯◯◯の部分を、All in One SEO Packの「一般設定」→「ウェブマスター認証」の「Googleウェブマスターツール:」に貼り付けます。

 

設定の更新イメージ画像

 

貼り付けたら、設定画面一番下の「設定を更新」をクリック。

 

確認クリックイメージ画像

 

再び、Googleサーチコンソールのウインドウに戻り、「確認」をクリックします。

 

完了イメージ画像

このように、「〜所有権が確認されました」と表示されればGoogleサーチコンソールとの連携は完了です。

 

Google設定

Google設定では、Google+のプロフィールやGoogle Analytics(アナリティクス)と連携させることができます。

 

グーグル設定イメージ画像

 

Google+デフォルトプロフィール:

Google+のアカウントページのURLを入力すると、関連付けできます。

 

Google+プロフィールを無効化:

Google+のプロフィール画像が検索結果に表示されるのが嫌な場合、こちらをチェック。

 

サイトリンク検索ボックスを表示:

「サイトリンク検索ボックスを表示」にチェックを入れると、

 

検索ボックスイメージ画像

 

このように、検索結果画面で検索ボックスを表示できるようにGoogleにお願いできます。

 

お願いというのは、チェックを入れたからといって必ずしも表示されるわけではないから。

 

なので一応チェックを入れておきましょう。

 

検索ボックスの表示はGoogleのアルゴリズムで決まっているみたいで、表示の基準は詳しくはわかりませんが企業サイトに多い傾向にあります。

 

優先サイト名を設定:

「優先サイト名を設定」にチェックを入れると、検索結果に自サイトをナレッジブラフ表示できるようにお願いする設定ができます。

 

ナレッジグラフイメージ画像

 

ナレッジグラフとは、画像の赤枠の部分のこと。

 

こちらもお願いなので、必ず表示されるわけではありません。

 

高度な作成者情報オプション:

Google+ページを使用する場合、「有効」にします。

※Google+ページとは、個人ページではなく事業用ページみたいなもの

 

GoogleアナリティクスID:

Google Analytics(アナリティクス)と連携することができます。

 

Google Analyticsとは、Googleが提供する解析ツールのことで、サイトの訪問者数やユーザーが閲覧する際に使用したデバイス(PCなのかスマートフォンなのか)などのデータを計測することができる無料ツール。

 

ブログ(WordPress)とGoogle Analyticsを連携するためには、トラッキングIDを取得する必要があります。

 

なので、まずはGoogle Analyticsにログインしましょう。

 

Google Analyticsについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしていただけたらと思います。

参考記事
準備中

Noindex設定

Noindexとは検索エンジンに表示させないことです。

 

なので、この項目では検索結果に表示させたくないページにチェックを入れます。

 

noindex設定イメージ画像

 

クローラーに巡回してもらう必要があるのは、主に「投稿」と「固定ページ」なので、この2つ以外の項目にチェックを入れます。

 

NOINDEXをデフォルト:

「投稿」と「固定ページ」以外チェック。

 

NOFOLLOWをデフォルト:

「投稿」と「固定ページ」以外チェック。

 

カテゴリーをnoindexにする:

カテゴリーを検索結果に表示させたい場合は、チェックは入れません。

 

カテゴリーイメージ画像

 

表示したくない場合はチェックを入れましょう。

 

日付別アーカイブにnoindexを使用:

アーカイブとは、複数のファイルを1つにまとめたもの。

 

投稿をクローラーが巡回してくれているのでチェック。

 

投稿者アーカイブにnoindexを適用:

投稿をクローラーが巡回してくれているのでチェック。

 

タグをnoindexにする:

近年では、

 

  • タグクラウドは使わない方がいいと判断している
  • タグクラウドを載せているサイトが減った

 

ということもあり、あまり重要視されていません。

 

タグだと大量のリンクができてしまうため、意図したページに誘導できなくなるため、個人的には使わない方がいいと判断しています。

 

検索ページにnoindexを使用:

普段の投稿をクローラーが巡回してくれているのでチェック。

 

404ページにnoindexを使用:

404ページをindexさせても意味がないのでチェック。

 

ページ付けされたページ/投稿にnoindexを使用:

記事を数ページに分けている場合、2ページ目以降をnoindex設定にする項目です。

 

基本は1ページで記事を書いていると思いますが、今後ページを分けする可能性がある場合、チェックを入れます。

 

ページ付けされたページ/投稿にnofollowを使用:

「ページ付けされたページ/投稿にnoindexを使用:」を設定しておけば、この項目も設定したことになるのでどちらでも構いません。

 

詳細設定

「詳細設定」は、高度な設定項目となるため、初心者の場合、2つだけチェックを入れておきましょう。

 

詳細設定イメージ画像

 

ディスクリプションを自動生成:

ここにチェックを入れておくと、キーワード検索した時に本文の中から自動で抜粋してタイトル下に説明文(ディスクリプション)を表示してくれます。

 

自動生成説明文に本文を使用:

投稿編集で毎回自分で「抜粋」している場合はチェックを入れます。

 

チェックをしないと「抜粋」の中からしか説明文を引っ張ってきてくれません。

 

「抜粋」を入力していない場合はチェック不要。

 

自動生成された説明でショートコードを実行:

ここにチェックを入れてしまうと、ショートコード内の内容が優先されて検索結果に表示されるため、チェックは不要。

 

例えば、ショートコードの吹き出しを使用していたりすると、吹き出し内の文字が拾われてしまうため。

 

ページ区切り付きページの説明を削除:

ここにチェックを入れてしまうと、記事を数ページに分けた場合、2ページ目以降の記事内からは検索結果に表示される説明文を拾ってくれません。

 

なので、チェックは不要。

 

長いディスクリプションを短縮しない:

いくら説明文(ディスクリプション)を長くしても160文字以上表示されることはありません。

 

今後、変動があるかもしれませんが、チェックは不要です。

 

投稿メタフィールドの保護を解除:

どのタイミングで使用するかわかりませんが、投稿や固定ページとは別で作ったページ内でメールアドレスの登録などを行う場合、通常は保護されているものをあえて保護解除するというもの。

 

チェックは不要。

 

新規投稿への添付ファイルをリダイレクトします:

記事内に、PDFファイルや画像などの添付ファイルを入れた際、そのリンク先から送信元のページに飛べるようにする設定です。

 

画像などをクリックするたびに、送信元に飛ばされても利点がないためチェックは不要。

 

固定ページを除外する:

「All in One SEO Pack」の設定を使用したくない固定ページがあれば、そのページのURLまたは記事タイトルを入力します。

 

基本は空欄でOKです。

 

投稿ヘッダーに追加記入

ここにHTMLなどのコードを入力することで、各投稿ページごとにヘッダーを変更したりできるそうです。

 

高度な設定なのでとりあえず空欄で大丈夫です。

 

固定ページのヘッダーに追加記入

上記で説明した内容の固定ページ版。

 

フロントページのヘッダー追加:

上記で説明した内容のトップページ版。

 

追加ブログページのヘッダー:

上記で説明した内容のブログページ(カスタマイズなどをしていなければ、通常は最新の投稿など)版。

 

キーワード設定

キーワード設定イメージ画像

 

現在はキーワードを含めてもSEO効果がないため「無効」で大丈夫です。

 

設定を更新イメージ画像

 

最後に必ず「設定を更新」を忘れずにクリック。

 

まとめ

 

以上で、「All in One SEO Pack」の設定は終了です。

 

色々と設定項目が多く、わからずに進めていった部分もあると思います。

 

とりあえず解説通りに設定をしていただいてれば、問題はありません。

 

今回設定したことにより、内部SEO対策はかなり整いました。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に連絡する

 

mail
こちらになんでも掲載できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です