WordPress5.0以上にアップデートして使いづらいくなったエディターを元に戻すには?

タイトル画像

 

後藤です。

 

更新イメージ画像

 

最近、WordPressの最新バージョン5.0以上がリリースされましたね。

 

WordPressの編集画面を見ると、「今すぐ更新してください」とありますが、バージョン5.0以上に更新すると投稿エディターが今までのものとは違い、全く新しいものにリニューアルされています。

 

実際、使ってみた感想は

 

「正直、使いづらい」

 

という印象でした。

 

エディターイメージ画像

 

ちなみに、上の画像が新しいエディターになります。

 

新しいエディタについて調べてみると、色々な変更点や短所などが見えてきました。

 

今回は新しいエディターの詳細や、エディターを元に戻す方法について解説していきますので、参考にしていただけたらと思います。

 

WordPress5.0以上にアップデートするメリット、デメリット

 

グーテンベルクイメージ画像

 

新しいデザインのエディターの名前はGutenberg(グーテンベルク)という名前です。

 

で、今回のアップデートは、メジャーバージョンアップというものになります。

 

WordPress5.0の前は、「4.9.8」という小数点で区切られた3つの数字で構成されていました。

 

バージョン情報を仮に「A.A.B」とすると、Aの部分の数字が上がればメジャーバージョンアップ、Bの部分の数位が上がればメイナーバージョンアップということになります。

 

バージョン情報イメージ画像

 

今回のようなメジャーバージョンアップでは、昨日の追加や管理画面のデザイン修正が行われたりするため操作に影響が出る場合も。

 

ちなみにマイナーバージョンアップだと、バグ修正やセキュリティ強化がメインとなっていますので、操作にあまり影響しません。

 

クリックイメージ画像

 

ブロックイメージ画像

 

Gutenbergの大きな特徴として、「ブロック」という新機能でしょう。

 

本文入力欄で、段落や見出し、画像などの様々なコンテンツをブロック単位で追加、並び替えできるようになりました。

 

レイアウトの投稿や固定ページの作成を簡単にする狙いで開発されたのこと。

 

WordPressの新エディターGutenberg(グーテンベルク)のデメリット

直感的な操作が可能となり、一見便利そうなGutenbergですが、Gutenberg用のプラグインやテーマはリリースされたばかりなので、まだまだ数は少ないです。

 

なので、旧エディター対応のプラグインでカスタマイズしていた方は、プラグインが動かないなどの支障があるかもしれません。

 

これは、テーマにも同じことが言えます。

 

テーマが対応していないと、

 

  • 改行がされない
  • レイアウトが正しく反映されない

 

などの問題も。

 

あとは、旧エディターだとHTMLへの切り替えは「テキスト」をクリックして切り替わりましたが、Gutenbergだと操作に慣れていないからか非常に手間となります。

 

エディターの仕様が大きく変わると操作性が変わるだけではなく、これまで問題なく動作していた機能に支障がきたす場合もありますので、旧エディターを使いたいという人もいるでしょう。

 

その場合には、今回紹介する「Classic Editor」というプラグインを導入することで、旧エディターに戻すことができます。

 

Classic Editorの導入方法

 

新規追加イメージ画像

 

まずは、WordPressの編集画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

 

インストールイメージ画像

 

次に、検索欄に「Classic Editor」と入力して、検索結果にClassic Editorと表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

 

有効化イメージ画像

 

インストールが完了したら、「有効化」をクリック。

 

これでプラグインのインストールは完了です。

 

「有効化」することにより、記事や固定ページの編集画面を開くとこれまで通りのエディターが表示されます。

 

まとめ

 

今回は、WordPress5.0以上にバージョンアップした際に新しくなるエディター、Gutenbergについて解説しました。

 

WordPress編集画面のデザインが大きく変わるのは、約10年ぶりだそうです。

 

WordPress5.0以降では、Gutenbergが自動的に有効化されますが、使い方に慣れない場合は「Classic Editor」を導入しましょう。

 

またアップデートする際は、事前にバックアップを取るなど慎重に作業することをお勧めします。

 

何か相談、質問等あれば気軽に連絡ください。

後藤に連絡する

 

自分ライフ
こちらになんでも掲載できます

もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです。(下のボタンからシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です