Googleアナリティクスの設定から使い方までを丁寧に解説!

 

後藤です。

 

今回はGoogleアナリティクスの使い方について解説していきます。

 

Googleアナリティクスはブログを運営していくうえで必須のツールです。

 

というのも、Googleアナリティクスを使うことにより

 

  • 訪問者がどこから訪れて
  • どのようなページを見て
  • どれぐらい滞在したのか

 

など、読者がサイトに訪れてからどのような行動を取ったかわかるようになります。

 

逆にどのような検索ワードで検索し、インプレッション(表示された回数)されてクリックされたなど、訪問前のデータはGoogle Search Console(サーチコンソール)で取得できますのでこちらの記事を参考にしてください。

 

今回の記事では、Googleアナリティクスの導入手順から設定方法など、最低限知っておきたいポイントをまとめていますので紹介していきます。

 

スポンサーリンク

Googleアナリティクスとは?

 

GoogleアナリティクスはGoogleアカウントを持っていれば無料で使用できる、Webサイトを分析する優れたツールです。

 

Webサイトの運営にあたりアクセスを集めたい場合において、必携のツールと言えるでしょう。

 

あなたが運営するWebサイトへトラッキングコードを設置することにより、

 

  • 訪問者の利用する端末スペックや回線
  • Webサイトへの流入経路
  • 訪問者のWebサイト内での閲覧ページ数や滞在時間
  • 閲覧後どのWebサイトへ移動したか

 

などといったデータを解析することが可能になります。

 

Googleアナリティクスの利用期間が長くなり、蓄積されたデータ量が多くなるほど解析できる要素が増え精度も高くなり、結果あなたのWebサイトの良い点や改善すべき箇所のヒントを見つけていくことができるのです。

 

例えば訪問者の利用が多い端末がわかればページの最適化をおこなったり、ページ毎の多く閲覧される時間帯を把握し新規ページの内容や投稿時間などを調整することもできるようになります。

 

まだ利用したことのない人にとりGoogleアナリティクスは難しく敷居が高いツールのような印象もあるかもしれませんが、有効に活用しあなたのWebサイトへのアクセス数を増やしてみましょう!

 

ちなみにGoogleアナリティクスには無料版と有料版があります。

 

無料版とGoogle アナリティクス 360(有料)の違いは?

 

アナリティクス(無料)

個人や中小企業で利用の場合

アナリティクス 360(有料)

すべての機能が必要な大企業の場合

さまざまなウェブサイト、アプリ、インターネット接続デバイスでの複数のデータ収集オプション
モバイルアプリ、API、メール通知などを通じたデータアクセス
サイトやアプリに関する高度なレポート機能とセグメント機能(ユーザー中心のリアルタイム レポート機能を含む)
データ送信でのネイティブな連携 Google 広告、AdSense、Search Console(旧ウェブマスター ツール) Google 広告、AdSense、アド マネージャー、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360、キャンペーン マネージャー、Search Console(旧ウェブマスター ツール)
Google BigQuery との連携 ×
Salesforce との連携 ×
高度な解析 ×
目標到達プロセス レポート ベーシック 目標到達プロセスに関する高度なレポート(カスタマイズ可能)
アトリビューション モデル ベーシック アドバンス(データドリブン モデルを含む)
プロパティをまたいだ統合レポート ×
プロパティあたりのビュー数 最大 200 個 最大 400 個
プロパティあたりのカスタム ディメンションとカスタム指標 カスタム ディメンションとカスタム指標で合計 20 個 カスタム ディメンションとカスタム指標で合計 200 個
データの更新頻度 保証なし SLA で 4 時間を保証(通常はもっと短時間で更新)
データ量無制限 ×
非サンプリング レポート ×
元データへのアクセス ×
ユーザーとアカウントの管理
サポートとサービス ヘルプセンター、コミュニティ フォーラム(いずれもセルフサービス) Google とグローバル パートナー ネットワークが提供するサービス、サポート、SLA

 

Google アナリティクスには無料版とGoogle アナリティクス 360という有料版が存在しています。

 

Google アナリティクス 360には導入サポートやいつでも連絡の取れる専用窓口、Google アナリティクスを使いこなすためのトレーニングといった豊富な支援を受けられるほか、制限されている機能や扱えるデータ量が無料版に比べ緩和されたサービスとなりますが、しかしGoogle アナリティクス 360の機能の恩恵を受けられるのは月間1000万ヒット以上といった大規模なWebサイト向けであり、やはり大企業の利用を想定した内容。

 

ちなみにGoogle アナリティクス 360の月額は見積もりのうえ算定されるということですが、日本円だと130万円からと費用面でもやはり大企業向けの設定です。

 

無料版も手厚いとまではいきませんがヘルプセンターやコミュニティフォーラムを利用したり、先駆けて利用している人が多く記事にしているので、利用方法やトラブルの解決のヒントも多いのでまずは無料版からスタートすることをオススメします。

 

Googleアナリティクス登録・導入方法

 

Google アナリティクスの利用登録自体は以下の順に進めることで簡単にできます。

 

1.Googleアカウントの登録

最初にGoogleアカウントを用意しましょう。

 

YouTubeやGmailなどで現在利用しているアカウントがあれば、そのアカウントを利用してGoogle アナリティクスへの登録もできます。

 

Googleアカウントの作成

 

新規でGoogleアカウントを作成する場合は、こちらのページから取得してください。

 

2. Google アナリティクスのアカウントを取得

Googleアナリティクストップページの「無料で利用する」をクリックしGoogleアカウントでログインします。

 

Googleアナリティクスログイン画面

 

未登録の場合には以下の画面が表示されるので「お申込み」をクリック。

 

Googleアナリティクス新規登録

 

新規登録には7つの設定項目があるので、ひとつずつ設定していきましょう。

 

Googleアナリティクス登録項目

 

1.トラッキングの対象

ウェブサイトとモバイルアプリと選択肢がありますが、アクセスの解析対象となるものを選択します。

 

2.アカウント名

Google アナリティクス利用時に使用するアカウント名の設定をします。

 

3.ウェブサイトの名前

Google アナリティクスを設置しアクセス解析を実行するサイト名を設定します。

 

仮のWebサイト名でも設定できますが、実際のWebサイト名を入力した方が管理していく上で判りやすいでしょう。

 

4.ウェブサイトのURL

Google アナリティクスを設置しアクセス解析を実行するWebサイトのURLを設定します。

 

5.業種

Google アナリティクスを設置しアクセス解析を実行するWebサイトに当てはまる業種を選びます。

 

6.レポートのタイムゾーン

レポートに表示されるタイムゾーン(標準時間)を選択してください。

 

日本に在住であれば、日本を選択し設定します。

 

7.データ共有設定

データ共有設定には4つの項目があります。

 

  • Google のプロダクトやサービス
  • ベンチマーク
  • テクニカル サポート
  • アカウント スペシャリスト

 

Google アナリティクスを使用して収集、処理、保存したデータを他のGoogleの製品やサービスで利用したり、テクニカルサポートを受ける際に必要となったりします。

 

デフォルトですべて選択されていますが、このまま設定して問題ありませんが詳細についてはデータ共有設定 - アナリティクス ヘルプを参考にしてください。

 

設定項目すべての入力が終われば1番下にある[トラッキングIDを取得]ボタンをクリックすると、「Google アナリティクス利用規約」と「Google とのデータ共有に適用される追加条項」が出てきます。

 

Googleアナリティクス利用規約

 

2ヶ所に同意のチェックを入れ、「同意する」ボタンを押せば登録は完了します。

 

3.トラッキングコード取得し設置

トラッキングIDを取得と同時にUA(ユニバーサルアナリティクス)から始まるトラッキングコードが発行され、そのトラッキングコードをGoogleアナリティクスで解析したいWebサイトのソース内に貼り付けることで、登録・導入作業は完了です!

 

管理画面上で最初は何もデータの表示はありませんが、正しく設置されていれば数時間以内に稼働し管理画面にデータが反映されていきます。

 

トラッキングコード設置後、数時間が経過してもデータが反映されていなかった場合はいくつかの問題点が考えられます。

 

  • デバイスごとにURLが違う
  • ユーザーがアドブロックを実施している
  • オプトアウトしている
  • タグマネージャーが作動していない

 

またYahoo!ブログ、アメーバブログ、楽天ブログなど一部、ブログサービス側で非対応の場合もありますので注意してください。

 

Googleアナリティクスの見方

 

Googleアナリティクスのデータを見る上で重要となるワードを解説します。

 

ワードの意味を理解すると数字の持つ意味がわかり、サイトの強みや改善すべき点が見えてくるでしょう。

 

ユーザー

特定の訪問者のことでサイトを訪れることにより、パソコンやスマホのブラウザに保存されているcookieの情報によって判別されます。

 

cookie情報が一致すると同一であると判断され、その訪問者がサイトへ何度訪れてもユーザー数は1です。

 

セッション

同一のユーザーによる訪問回数と考えてよく、サイトへ訪れてから閲覧が終了するまでが1になります。

 

Googleアナリティクスの仕様上ではサイトを開いたまま30分以上、何もアクションがなかったり、外部リンクを経由しページを訪れたりした場合でもセッションは途切れてしまいます。

 

ページビュー

特定ページが閲覧された回数です。

 

Webサイトの閲覧状況を計測する上で、1番シンプルでわかりやすい基本的な数字です。

 

トラフィック

通信量を指し、どこのドメインからどれだけの量のアクセスがあるか見ることができます。

 

Direct(ノーリファラー)とは、Webサイトのアドレスを直接入力して訪れたり、ブックマークの登録から訪問者であり、あなたのサイトを認識した上での行動と判断していいでしょう。

 

Organic SearchはGoogleなどの検索エンジンを経由しサイトへ訪れた割合で、これが多い場合はそのページは検索結果の上位に表示されている可能性があり、ページビューに期待できるページです。

 

他にも参照サイトでは、どういったSNSやアンテナサイトなどのドメインを経由してアクセスしているのかが確認できます。

 

詳細なデータを確認したいときには「集客レポート」もチェックしてみましょう。

 

基本の Google アナリティクスまとめ

 

今回、Googleアナリティクスの導入手順から設定方法など、最低限知っておきたいポイントをまとめて解説させていただきました。

 

訪問者の行動やアクセス状況を可視化することによりユーザー像が把握でき、あなたのサイトに求められているものがだんだんと見えてきます。

 

そしてユーザー像を分析して深く理解することにより、より良いWebサイト作成の指針になり結果としてアクセスを稼げるWebサイトを構築できるアイディアを手に入れることができるでしょう。

 

ぜひ、Googleアナリティクスを活用してサイト運営の改善をしていき、価値のあるサイトを運営していただけたらと思います。

 

自分ライフ
スポンサーリンク
おすすめの記事